ブサメンの特徴を徹底解説!イケメンとの格差や恋愛事情も大公開!

ブサメンってどんな人のことを指すと思いますか?今回はそんなブサメンに大注目!ブサメンに多いとされる特徴や性格、イケメンと比較されることが多いブサメンの日常や、ブサメンからイケメンになるための方法や注意点を徹底解説していきます!

  • そもそも「ブサメン」ってどういう人の事?

    昔からイケメンはモテてブサメンはモテないと言いますよね。

    言わずもがなイケメンはモテるどころか、男女問わずから好かれ、慕われるもの。しかし、ブサメンはその逆で、モテませんし周囲の人から疎まれていることがほとんどです。

    今回はそんなブサメンに注目ということで、まずはブサメンとはどういう意味を持つのか、大まかな人物像を覗いていきましょう。

    「ブサメン」の意味とは?


    「ブサメン」とは「ブサイクなメンズ」を略した言葉です。

    「ブサイク」は見た目や中身が醜いという意味を持っており、メンズと合わせることで「醜い男」という意味になりますね。見た目だけ悪く中身は良い人もいれば、見た目は良いのに中身が悪いことからブサメンと呼ばれる人もいて、ブサメンにも種類はさまざまです。

    「ブサメン」の類語は?


    類語に注目をすることで、ブサメンの人物像がより深くつかめるようになるでしょう。

    ブサメンの類語には主に「垢抜けない男」「ダサい男」「センスがない男」などが挙げられます。類語に注目をみると、具体的にどういった人がブサメンとして見られるのか、ある程度わかるようになりますよね。

    垢抜けない男は見た目を主に表し、ダサい男やセンスがない男とは見た目にも中身にも言えること。どちらにしても、平均よりひどく劣っている男性のことをブサメンと呼ぶと言えるでしょう。
  • ブサメンの特徴≪外見編≫

    よりブサメンについて理解を深めるために、ブサメンにありがちな特徴を見ていきましょう。

    まず注目をしていくのが、ブサメンの外見にまつわる特徴です。ブサメンはどういった外見をしている人が多いのか、早速チェックしていきましょう。

    不潔な印象


    圧倒的に多い特徴だと言えるのが、不潔な印象を持つことです。身だしなみが不潔な人は、たとえ元が良かったとしてもブサメンとしてカウントされます。

    たとえば毎日お風呂に入っていなさそうだったり、しわくちゃで汚れた服ばかり着ていたり。そういった人に対しほとんどの人は不潔な印象を持つでしょう。

    不潔な印象を持つ人は異性だけでなく、同性からも敬遠される存在です。

    太っている


    太っている理由は人それぞれですが、それでも太っている人に対して良い印象を持てる人はそう多くありません。「生活がだらしない」「自己管理が出来ていない」というような印象を強く感じるからです。

    そのため、太っている男性に対してブサメンだと感じる人は少なくないでしょう。特に見た目に不潔感を持つと、なおさら生活管理や自己管理の甘さを感じ、悪い印象を持ちます。

    また、女性の多くは太っている人よりも、平均した体型や細身の男性を好む傾向にあるのも事実。太っている人が好みという人も清潔感は重視したいという人が多いため、太っていて不潔な男性は恋愛対象にはなりがたいブサメンだと言えるでしょう。

    髪型が適当


    髪型が適当な人はブサメンとして見られることがほとんどでしょう。ごくたまに適当な髪型でもかっこよく見られる男性はいますが、それはもともと外見が整っていたり、雰囲気がかっこよかったりする人に限ります。

    つまり、髪型が適当な人のほとんどはブサメンとして見られることが多いのです。

    ただ、適当は適当でも清潔感があったり、だらしない印象を受けなかったりする男性はブサメンとして見られないこともあるのが事実。ほとんどのブサメンは髪の毛がベタついていたり、自分に合わない髪型だったり、傷んでいたり…そういった特徴を持っています。

    ファッションセンスがない服装


    ファッションセンスがない男性はブサメンとして見られることが多く、特に女性からは敬遠される存在でしょう。

    たとえば年相応の服装ではなかったり、全体のバランスが悪かったり。パッと見て「似合わない」と思える服装をしている男性は、ブサメンとして見られることがほとんどです。

    また、似合っていたとしてもTPOに見合わないファッションセンスの持ち主はブサメン扱いされることが多いでしょう。特に無駄に露出が多い服装は不潔感やだらしなさを感じることも多いため、ブサメンとして見られることは珍しくありません。