飲み会で隣に座る女性の心理をリサーチ!脈アリ女性の行動についても

  • 隣に座る女性が苦手な場合の対処法

    大抵の男性は、女性が隣に座るのは嬉しいはずです。しかし、誰でもいいというわけではないですよね。中には、この人と隣に座るのは嫌だと感じる相手もいるはずです。そんな人が隣に座ってきたらどうすればよいのでしょうか。

    他の席に移動をする


    隣に座るのが嫌なのであれば、他の席に移るのがもっとも確実な対処法でしょう。物理的に離れてしまえば、話しかけられることもなくなります。

    とっても、あからさまに席を立つと相手の女性をひどく拒絶する形になります。さすがにそれは心理的抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。

    そのため、お酒をついて回ったり、お手洗いで一度席を立って戻ってきたときなどに別の席に移動するのが理想的です。

    会話は短く簡潔に


    会話をできるだけ早く終わらせることで、拒絶の意志を伝えることができます。たとえば、質問をされたらそれに対して短く答えるだけにとどめておきましょう。

    もしこちらからも「そっちはどうなの?」と聞き返してしまうと、話が弾むことになります。むしろ、相手はそうして欲しいと思って質問してきているはずです。その期待を裏切れば、だんだん相手も話しかけて来なくなるでしょう。

    他の人と喋る


    たとえ隣に座る苦手な女性との会話が短く終わっても、そのままあなたが誰とも喋っていなければ、また話しかけられるかもしれません。それを防ぐには、別の人と喋るようにしましょう。

    できれば、苦手な女性とは反対側に座る人と話をすると〇。苦手な女性には必然的に背中を向けることになるので、相手は話しかけにくくなります。先ほど、二人の間に障害となる者がないほうが仲良くなりやすいという話を紹介しましたが、その逆の効果が期待できるわけですね。

    目を合わせない


    女性のほうから積極的に話しかけてくる場合、その女性はおそらくあなたの目を見て話しかけてくれるでしょう。その目を見ると、相手の「喋りたい」という心理に応じたことになります。

    逆に、目を合わせないようにすれば拒絶の意志を伝えられます。口での返答を短くしつつ、目も合わせないのなら、鈍感な相手であってもこちらの心理を察してくれるでしょう。それでもかまわず話しかけてくるようなら、席を立つのが一番確実です。