深山ってどんな体位?【48手】やり方と女性を気持ちよくさせるコツ

あなたは48手の「深山」という体位をご存知ですか?性に対する好奇心が旺盛な人ならば、聞いたことがあるかもしれませんね。実はこの深山がとても気持ち良いと、男女問わず人気なのです。今回は深山のやり方と、女性を気持ち良くさせるコツをご紹介します。

  • 48手の「深山」ってどんな体位?

    「深山」は48手の中でも比較的ポピュラーな体位で、「みやま」と読みます。もしかしたら名前を知らないだけで、「やったことある!」という男性もいるかもしれませんね。まずは深山とはどんな体位なのかをご説明します。

    そもそも48手とは?


    48手とは、江戸時代の日本発祥のセックスにおける体位の種類のことです。名前の通り48種類から成り立っていて、ひとつひとつにきちんと名前も付いているのです。

    今で言うところの正常位や後背位、さらにはフェラチオやクンニリングスのような形もあり、時代は違えど気持ち良いことは同じだということがわかります。調べてみると面白いですよ。

    48手の中には少々アクロバティックなものもあり、「本当にこんなことができるのか」と笑ってしまうでしょう。ですが実際に今の時代でも気がつけば取り入れている体位もあるばず。深山もそのひとつなのです。

    女性の両足を肩にかけて挿入する体位


    深山というのは、女性が仰向けになっているところに男性が挿入する正常位の種類のひとつ。通常の正常位と違い、深山は女性の両足を男性の肩にかけるのが特徴です。

    基本的には両足を肩にかけて挿入した後、女性の腰を浮かせることで奥まで刺激するのですが、男性がそのまま女性に覆い被さるように体重移動させると、激しくピストン運動をすることができます。

    あなたも1度味わうとその快感がクセになる深山をマスターしてみてください。