「忍耐力」の意味と強い人の特徴とは?鍛える方法はコレ【診断付き】

忍耐力が強い人は、我慢強く、文句も言わずに黙々と作業をこなすもの。そんな印象が強いですよね。そもそも忍耐力があるとは、我慢するだけでいいのでしょうか。今記事は、忍耐力の意味についての解説と、特徴を紹介!忍耐力を鍛える方法も一緒にみていきましょう!

  • 忍耐力が強い人はスゴイ?

    「もう、いやだな」と思ってしまう場面でも、「もう少し頑張ろう」と忍耐力を発揮できる人っていますよね。最後までやり遂げようとする精神が強く、人から見ていても「あの人はすごい」と思われることも多々あるでしょう。

    ですが、忍耐力とは目に見えるものでもなく、場合によっては誰の目にも触れず、評価すらされないこともあります。それでも、根気強く踏ん張れるのは、何故でしょう。

    今回は、忍耐力についての解説です。忍耐力とはどんな意味があるのか。また、忍耐力を鍛えるためにはどうしたらいいのか…。忍耐力がある人のメンタルに触れながらみていきましょう。

    忍耐力度をチェックする診断付きなので、自分の忍耐度が気になる人は、ぜひやってみてくださいね。

    「忍耐力」の意味とは?


    「忍耐」とは、つらいことや苦しいことに対して、耐え忍ぶことを意味します。自分に不利な状況であっても、乱暴な切り返しをしたり、投げ出してしまうこともありません。この耐え忍ぶ力を「忍耐力」と呼び、忍耐力がある人ほど「忍耐力が強い人」とい呼ぶのです。

    ただし、「とりあえず最後までやり遂げたから、忍耐力が強い人」というわけではありません。どちらかと言えば、メンタルが基礎となってくるでしょう。

    例えば、「最後までやろう」「早く帰るために我慢して頑張ろう」など、自分を制して取り組む姿は忍耐力が強い人と判断されます。それに対して、「とりあえず早く帰りたいから適当でいい」という気持ちは、行動こそ起こしはしても、放棄していることと同じなのです。

    「忍耐力」の類義語


    忍耐力の類義語には、堪え性、辛抱強い、我慢強いなどが挙げられます。これらは全て、辛いことや苦しいことがあっても、諦めない気力のことを指しています。

    実際、これらの言葉は、何があっても最後までやり抜こうとする精神を持つ人に対して使いますよね。状況や相手によって、どの言葉を使うかという違いだけで、根本的な意味はどれも同じことなのです。