職場の女性がみせる脈なしサイン|脈ありに逆転させる方法はある?

  • 職場の女性がみせる脈なしサイン≪会話編≫

    職場の女性がみせる脈なしサインは、会話の中にも隠れている場合があるようです。女性も社会人ですから、脈なしの男性とも社交辞令での会話は交わします。ここでは、どういう会話を交わされると脈なしなのかを、わかりやすく紹介していきましょう。

    相槌が素っ気ない


    職場の気になる女性と話していて相槌が素っ気ない場合は、「あなたには興味がない!」という女性からのサイン。女性は気になる男性になら、どんなつまらない話でも食いつき気味で話を聞くものです。

    たとえば、「そうなんだ」「へぇー」「うん」など、力ない声の相槌は脈なしサインと考えていいでしょう。そういう場合、彼女たちは「早く話が終わらないかなぁ…」と考えているので、無理に話をしない方がいいかもしれません。

    プライベートな話を振ってこない


    好意がある男性のことを「知りたい!」と思うことは、女性にとっても普通の感覚。そのため、女性は好意のある男性に「彼女はいるの?」「どんなタイプが好きなの?」など、プライベートに関することを聞きたがります。

    その一方で、女性は脈なしの男性との会話には興味はありません。仕事上の情報交換や好意のある男性に関する話には乗ってきますが、それ以外の話には興味を示す様子が見えないことも。その点から考えて、自分にプライベートな質問を振ってこない女性は、脈なしと思った方がいいでしょう。

    職場での会話はあいさつのみ


    職場で毎日会っているのに、あいさつしか交わさない関係というのは寂しいもの。そのため、同じフロアの同じ部署で仕事をしながら、あいさつしか交わさないのであれば「脈なし」と考えた方がよさそうです。

    たとえば、出勤時の「おはようございます」の後に、「いい天気ですねぇ」「今日も頑張りましょう」などの一言がプラスされていれば脈ありの可能性も。しかし、あいさつだけでそれ以降の会話がなければ、脈なしと考えられるでしょう。

    脈なしの場合は以前の会話を忘れている


    職場の女性の中には脈なしの場合でも、雑談には応じる人もいます。このように会話をしてくれる女性でも、脈なしサインをしっかりと出している場合もあるので注意が必要です。たとえば、「前回の話の内容を忘れている」「自分の言ったことも覚えていない」などが、それに当たります。

    職場の女性は、好意のある男性の言葉は忘れることはありません。それに対して「脈なし」の場合は、自分との会話を「ただの時間潰し」と考えているため、真剣に聞いていないことが多く、会話の内容を忘れてしまうのです。

    ただし、彼女たちはフアッションや仕事に対する取組みなど、自分を褒めてくれる話題に関しては嬉しいと感じ、脈なし男性が相手でも応じてくれる可能性もあります。
  • 職場の女性がみせる脈なしサイン≪連絡編≫

    社内連絡の場においても、職場の女性から脈なしサインがでている可能性もあります。彼女たちは仕事の電話やメールで相手の男性に「興味がない」ことを伝えていることも。ここでは、電話やメールでわかる脈なしサインを紹介します。

    連絡先を教えてくれない


    男性の場合は同じ職場の人になら、個人の連絡先も簡単に教える傾向があります。しかし、女性の場合は同じ職場の人でも、簡単に連絡先を教えることはありません。女性は仕事とプライベートを、しっかりと分けて生活しているからです。

    でも好意のある男性や仲の良い男性であれば話は別。ちゃっかり個人の連絡先を交換していることもあります。そのため、職場の女性がプライベートな連絡先を教えてくれない場合は、「脈なし」と判断できるでしょう。職場の女性と連絡先を交換したいなら強引にアプローチすることはせず、まずは仲良くなることを考えた方がよさそうです。

    LINEやメールをしても返事がない


    運よく職場の女性と連絡先を交換できても、LINEやメールの返事が来ないこともあります。先ほどお伝えしたように、女性は仕事とプライベートの連絡を分けて考えています。そのため、プライベートでは返事が来ない、連絡が遅いということも珍しくありません。それも脈なしサインのひとつですから、しつこくこちらから連絡しないように注意してくださいね。

    職場の女性からLINEやメールの返事が来ないからといって、催促するようなメールを送れば女性のあなたに対する心象はガタ落ちしてしまうかもしれません。「しつこい人」「ストーカー」などのレッテルを貼られないためにも、慎重な行動が必要です。

    社内メールが素っ気ない


    職場の女性からの社内メールが、素っ気ないということはありませんか。用件しか書いていなかったり、近くで仕事をしていても用事を口頭で伝えず、社内メールで済ませようとする女性は、完全に「脈なし」と考えていいでしょう。

    彼女たちは、脈なしと判断している同期や後輩の男性には「用件だけ伝えれば十分」だと考えているようです。また、メールでも伝える相手が上司や先輩ならば「お疲れさまです」などの言葉を付け加え、用件だけ淡々と書かれている…ということはありません。しかし、それを「脈あり」と考えるのは少しリスクがあるので、慎重に見極めたいところですね。

    電話をしても用件だけで終わらせようとする


    電話はLINEやメールと違って、声のトーンなどで相手の気持ちもなんとなく透けて見えるものですよね。そのため、社内連絡で用件だけ聞いて「それでは失礼します!」という感じで電話を切られるようなら、その女性からは脈なしサインが出ているということです。

    プライベートの電話でも、「それって急ぎ?」「明日でいい?」というような素っ気ない返答なら、明らかな脈なしサインとみていいでしょう。仲の良い男性の同僚となら、女性も長電話が楽しく感じるはずです。しかし、脈なし男性との長電話は苦痛以外の何ものでもありません。