オナニーの頻度と平均回数は?男性の性事情とベストな頻度を解説!

他の男性は、どのくらいの頻度でオナニーをしているんだろうと考えたことはありませんか?今自分はこのくらいしているけれど、そのオナニー頻度は果たして正解なのか…。そんなふうに不安に感じることもあるでしょう。そこで今回はオナニー頻度に注目してみました。番外編も必見!

  • 男のオナニー頻度ってどれくらい?

    男性の多くは経験があり、普段の生活に密着していると思われるオナニー。他の人と比べて自分のオナニー頻度は、どのくらいの差があるのかなど、一度は疑問を持ったことがあるでしょう。

    「したくなったらすればいいのでは?」といってしまえばそれまでですが、やはり他人のオナニー事情もちょっぴり気になりますよね。

    男性はまちまちすぎて一概には言えない


    男性でも、性欲の度合いは人それぞれ。ですから実際のオナニー頻度は、きっちりと「〇回」と言い切れるものでもありません。

    1ヶ月以上性欲が沸かず、オナニーをすることがないという人もいれば、毎日のルーティンとしてオナニーをしている男性もいるでしょう。

    中には一日に数回のオナニーをするのが当たり前という男性もおり、する人・しない人には大きな差があるのです。

    年齢が上がるにつれて減少する


    皆さんも一度は耳にしたことがある「テストステロン」とは、男性ホルモンの一種です。このテストステロンには、男らしい骨格を作ったり、仕事に対するやる気の他、性欲を高まらせるなどの働きがあります。

    10代・20代はこのテストステロンが絶好調の状態にあり、30代後半・40代にかけて徐々に減少していきます。したがってテストステロンの分泌が活発な10代・20代にはオナニー頻度が高かった男性も、加齢と共に減少していく傾向があるでしょう。
  • 男のマル秘性事情|最近のオナニー回数は?

    自分のオナニー頻度はこのくらいだけど、他の人はどうなのかと、つい気になってしまいますよね。そこで皆さんのオナニー頻度について、お話をお聞きしました。この項目では、リアルなエピソードをご紹介していきましょう。

    やることなかったから昨日1日で6回した


    「昨日の休み、やることがなかったんで1日で6回したな。普段からオナニーの頻度は高い方だけど、6回はさすがに最高記録!一気にじゃなくて、朝から晩まででトータル6回ね。最後の6回目はイク感覚はあったけど、もうほとんど射精してなかったよ。」(22歳/男性)

    男性の意見として意外に多いのが「やることがなかったから」という理由。これといって性欲が有り余っているという訳でもなく、なんとなくオナニーしてしまうというケースです。

    このエピソードの男性も、お休みでやることがなかったから、6回オナニーしたとのこと。最後は射精しなかったというのも、理解ができますね。

    忙しくて…今月2回くらいしかしてないかな


    「大体俺の場合、平均のオナニー回数は週1くらい。で、多い時は週2ってとこ。だけど今月は仕事が忙しくて、帰ったらバタンキュー。だから月2回程度しかしてないです。それでもムラムラしてたらするんだろうけど、しなかったってことはそれほどじゃないってことかな。」(32歳/男性)

    通常なら週1ということなので、月に2回しかオナニーしなかった今月は、普段のオナニー頻度の半分ということになりますね。

    忙しいとはいえ、性欲が高まればオナニーするところ。けれどそうでもないということは、やはり年齢的なものも影響しているのでしょうか。

    欠かさず毎日!


    「最近のオナニー頻度?僕は欠かさず毎日ですよ!彼女がいた期間とかはセックスもしてたんで、そんな日はしないけど。それでも次の日は必ずオナニーします。やらなきゃ寝付きも悪いんで、基本は毎日です!」(21歳/男性)

    毎日という男性も、もちろんいます。彼女がいてセックスをする日は、そこで射精をするのでオナニーはしない。けれどそんな日以外は欠かさずしているようですね。寝つきが悪くなってしまうという理由もあり、毎日の習慣になっているのでしょう。

    平均の回数は無く、バラバラ…


    「僕のオナニー頻度は平均がなくて、バラバラ…。ちなみに最近オナニーしたのが10日ぐらい前かな?でも、する時は毎日したりもします。だけどどっちかっていうと、淡白な方かも。しない時は3ヶ月しないこともありますね。」(29歳/男性)

    エピソードの男性は、自分なりに淡白という見解なのでしょう。直近のオナニーが10日前とのことなので、淡白という意見はごもっともな印象を受けます。このような男性は、オナニー頻度を聞かれても、返事に困ってしまうでしょうね。