彼女の嘘を見抜く方法|嘘をついているときの特徴から対処法まで!

  • こんな嘘をつく彼女とは別れたほうが良い

    彼女が嘘をついていたとしても、事情や理由、そして男性側の度量によってはその嘘も許されるケースはもちろんあります。ですが、あまりにも良識がない嘘は、そのまま付き合っていても、男性側に悪い影響ばかりを残すかもしれません。

    モラルの問題も含めて、彼女が人として許されない嘘をつく場合は、早急な決断に迫られることもあるでしょう。その許されない嘘とはどのようなものがあるのか。代表的なケースをみていきます。

    犯罪が絡む嘘


    犯罪が絡む嘘といえば、やはり詐欺でしょう。彼氏に対してでも、他人に対してでも、詐欺行為を繰り返す女性とは、決別することを考えた方がよさそうです。どんなに愛情があっても、法を犯し、身に危険を及ぼすような事態は避けたいですよね。

    犯罪が絡むと、自分の有利になるように事を運ぼうとするので、嘘も巧みで流暢なものが多くなります。自分が騙されるばかりでなく、知らない間に犯罪に加担していたということも。何よりも、彼女の過ちを正すことも考え、中途半端にその嘘を許してはいけませんね。

    悪意のある嘘


    犯罪まではいかないけど、悪意を持った嘘は多くあります。自分がメリットを得るために、人を陥れる嘘が多いでしょうか。彼女が、悪意を持って彼氏に嘘をつく時には、まずはじめに彼氏の地位を貶めることを考えるようです。

    現状に満足出来ていない、または何かしらの不満を彼氏に持っている…。そういった時、彼氏が打撃を受ける姿を見ても、何も感じません。「起こすと約束したのに起こさない」などの小さな嘘から、「結婚を誓ったのに直前で消えてしまった」などの大きな嘘まで、彼女の中で自己完結した嘘が多くなるので、実害を伴う可能性もあります。

    自分都合だけの嘘


    言い訳のように嘘を並べる人っていますよね。デートで遅刻したら「急にお腹が痛くなって」、約束を忘れたら「あなたに逢えると思ったら他のことを考えられなくて」…。なんとか彼氏の機嫌をとって、それ以上追及されないための嘘です。

    自分が責められることを、苦手で面倒だと思う気持ちから、素直に非を認めることが出来ないのでしょう。プライドが高い女性に多いのですが、相手への思いやりはゼロ。そのうちに彼氏を批難するばかりの身勝手さが見えてくるかも知れません。一度許すと、その癖はだらだらと続く可能性も高いのです。

    真剣な話に対する嘘


    彼氏が真剣に話しているのに、嘘をつくことでごまかそうとしている女性は、頭を使うことが苦手なのかも。

    また、感情をメインに過ごしていると、真剣な話は難しく感じ、最初から向き合う姿勢がとれません。それを許すのは、甘やかし行為になり、永遠に真面目な話は二人でできなくなってしまいます。

    今はよくても将来を考えた時には、やはり大事な話は二人で決めるもの。それでなくても、楽しいばかりが恋愛ではなく、時には衝突することもありますよね。そんな時に、真剣な話を嘘でかわすようでは、二人の未来は明るいとは言えなくなってしまいます。