彼女が喜ぶラブホデートのポイントは?ラブホの選び方から注意点まで

  • 彼女とラブホに入ってからの注意点とは?

    ラブホの仕組みをしっかり理解しておいたとはいえ、すんなり入れたとなればまずは一安心。けれど、彼女が喜ぶラブホデートにするには、入ってからも注意が必要です。続いては、彼女とラブホに入ってからの注意点をまとめました。

    すぐにセックスに持ち込まない


    ついにラブホの部屋に入ることができたら、「ではさっそく…」という男性もいるでしょう。けれど、部屋に入ったばかりですぐにセックスに持ち込むのはいけません。

    そもそも旅先でホテルに入ったときに、部屋や設備を見て回り、アメニティなどをチェックするのが好きという女性は少なくありません。それが初めてのラブホの部屋となれば、興味津々なのは当然ですよね。そのため、まずは彼女にじっくり部屋を見せてあげましょう。

    おすすめは、彼女と一緒に見て回ること。後ろから彼女をハグしながら見て回り、「あれ、いいね」なんて囁けば、彼女もその気になってくるはずです。

    行き慣れていても悟らせない


    ラブホはいったん入室すると、チェックアウトするまでは出られないシステムのところがほとんど。そのため、必要なものはすべてホテルに頼んで届けてもらいます。

    食事のサービスはもちろん、ラブグッズやコスプレ衣装の貸し出しもしていますので、せっかくですから彼女と愉しみたいですよね。ただ、ラブホに行き慣れている男性は、これこそが要注意ポイントです。

    何度も利用して勝手がわかっていると、ついつい「頼んじゃう?」なんて手慣れた様子で電話をしがち。その様子に、「かなり慣れているな」と思われるのは間違いありません。たとえ行き慣れていたとしても、それを悟らせないことが大事です。

    さりげなく備品をチェックする


    ラブホの部屋には、セックスで必要になる避妊具やティッシュペーパーなどが置かれています。彼女といい雰囲気になってから、「コンドームはどこだ?ティッシュがない」とドタバタしたら、彼女が興ざめするのは必至。

    そんなことにならないために、さりげなく備品をチェックしておきましょう。何がどこにあるかを把握するのはもちろん、使いやすいところに置き換えるのもおすすめです。

    また、ラブホに備え付けのコンドームは、ゴムが劣化している可能性が。備品に頼らず、信頼できるものを持参しましょう。

    設備を使って雰囲気作りから始める


    ラブホの部屋には、灯りに工夫が凝らされていたり、部屋に音楽が流れるようになっています。また、テレビでアダルトビデオを見ることもできますので、これらを使ってまずは雰囲気作りから始めましょう。

    彼女に喜んでもらうラブホデートにするのに、灯りと音楽は効果的です。アダルトビデオはドン引きされる可能性もありますので、彼女の反応を窺いながら、利用するかどうかを決めるのがおすすめ。

    まずは部屋にロマンチックな雰囲気を作り、徐々にエロティックにしていくのが、彼女を喜ばせるコツです。