処女・非処女の見分け方は?処女の特徴&見分ける時の禁断の質問も

「処女の見分け方」があるなら、参考までに知っておきたい男性もいるでしょう。特に「好きな子の初めての男になりたい」と思っている人や、「自分が童貞だから相手も処女がいい」と思っている人は、お目当ての女性に男性経験があるかどうかが気になるのでは?そこで今回は、処女・非処女の見分け方、処女の特徴、見分ける時の禁断の質問など、男性に役立つ情報をご紹介します!

  • 処女の見分け方なんてあるの?

    処女の女性とエッチして自分が「初めての男」になったら、たとえ別れてしまったとしても、一生忘れることはないでしょう。とはいえ、一度も処女に当たることなく終わってしまう男性も少なくはありません。一生忘れられない良い恋愛をするためにも、処女と非処女の見分け方を知っておいて損はないかもしれません。

    処女の意味・定義


    簡単に言えば処女とは、性行為の経験の無い女性のことです。また、性行為の経験の無い女性の膣内には、処女膜という薄い膜が存在しています。処女膜が性行為により無くならない限りは、処女と考えていいでしょう。

    基本的には初体験で膣内からの出血がありますが、中には激しい運動や自慰行為により、初めての性行為を経験しても出血の無い女性もいるようです。

    処女が男性に人気の理由


    男性にとって処女は、非常に価値の高い存在です。男性の中には、「痛がるのがちょっと…」「初めてなのでめんどう…」などの理由から敬遠する人もいます。しかし、大半の男性は女性の「初めての男」になれることに満足し、一生の思い出にするようです。

    処女は男性の中に少なからずある「征服欲」と「独占欲」を満たしてくれる存在のため、多くの男性に人気があります。

    処女の見分け方は簡単?


    処女は男性にとって価値ある女性であることは説明しました。しかし、処女の見分け方がわ分からず、挿入するまで気が付かない人も稀にいるようです。男性も未経験なら気付かないこともあるでしょう。

    しかし、女性経験がある男性なら処女を見分けるのは難しいことではありません。よく女性を観察すれば、外見や言動から予測することも可能です。

    処女の見分け方が役に立つ?


    処女の見分け方が、何の役に立つのかわからない人もいるでしょう。処女の見分け方を知ることは、自分のためでも女性のためでもあります。たとえば、「処女と付き合いたい…」と思う人は想いが遂げられますし、「処女はちょっと…」という人は避けて通ることができます。

    また、女性にとっても処女かどうか見分けてもらうことは大切。なぜなら、男性に心と身体の準備をする余裕を与えることができるからです。