彼女を嫉妬させると関係が上手くいく!?彼女に少し不安を抱かせる方法

普段はクールであまり愛情表現をしてこない彼女。彼女をあえて嫉妬させて、愛情を実感したいという男性は少なくありません。この記事では、彼女に嫉妬させる方法や嫉妬させるときの注意点を解説。彼女の気持ちを知り、関係をさらに深めていきましょう。

  • 彼女を嫉妬させると愛を実感できる!?

    彼女を嫉妬させることで、あなたへの気持ちを彼女が再確認し、愛を再び実感できるようになります。

    今までなんとなくマンネリだった関係でも、彼氏が他の女性との関係を匂わせてきたり、距離を置いたりすれば何となく寂しく感じるという女性は多いもの。彼女が「やっぱり彼と離れたくない」という気持ちを実感し、あなたへ積極的に愛をアピールしてくるようになるでしょう。

    しかし彼女をわざと嫉妬させることで、信用を失ったり喧嘩になったりする可能性もあります。彼女を嫉妬させ、マンネリ化した関係を解消したいときはできるかぎり慎重に行いましょう。
  • 彼女を嫉妬させる方法《行動編》

    彼女を嫉妬させることで愛を確認するには、彼女と少し距離を置き、彼女に寂しさを実感させるのが効果的です。

    仕事や趣味の時間を増やし、彼女との連絡頻度を減らしたり、少しそっけない態度を取れば彼女もあなたのことを気にかけてくれるはず。

    ここからは、普段の行動を少し変えて彼女を嫉妬させる方法をご紹介します。

    仕事で忙しいことをアピールする


    仕事で忙しいことをアピールし、彼女のことよりも仕事の方が大切だと暗にアピールすれば、自分のことをもっと見て欲しいと感じた彼女が行動を起こしてくれるかも。

    本当に仕事が忙しい時期であれば違和感の無い嫉妬のさせ方でもありますし、彼女もある程度は納得してくれるはず。

    しかし、献身的で真面目な彼女の場合、仕事で忙しいという彼のことを気づかい、彼女の方から連絡頻度を減らしてくる可能性もあります。

    真面目な彼女が相手であれば、仕事ではなく他の女性との関係を匂わせる方が効果的でしょう。

    趣味を増やして没頭する


    趣味の時間を増やして、彼女に使う時間を減らせば彼女は「自分より趣味の方が大事なの?」と嫉妬してくれるはずです。

    彼氏の趣味に対して嫉妬させることで、「趣味だけじゃなくて私ともデートして」「私ともっと喋ってよ」と彼女の積極的なアピールを見ることができる可能性があります。

    しかし、趣味に没頭する気持ちを理解しているオタク気質な彼女が相手だと、彼氏の趣味を尊重し何も言ってこないことも少なくありません。

    彼女と会っているときにスマホを見る


    時間をわざわざ作ってデートをしているのに、彼の方がスマホばかり見ていると多くの女性が不満に思うはず。

    「私より他の友達の方が大事なの?」「スマホばっかり見て私と会話しないなんて」と嫉妬させることができるでしょう。

    しかしあまりにスマホを見すぎると、嫉妬させるというよりも彼女を怒らせてしまう可能性が高くなります。いつもより少しだけスマホを見る頻度を増やすなど、適度に嫉妬させましょう。

    メッセージをそっけなくしてみる


    彼女に送るメッセージをあえてそっけなくすることで、彼女を嫉妬させることができます。

    いつも来ていた愛情たっぷりのメッセージが無くなり、デートの日程だけを送ってくるようになれば鈍感な彼女も「どうしたんだろう」「私より優先したいことができたのかな」と嫉妬するはずです。

    不安を感じた彼女の方から、「最近どうしたの?」「もっと連絡して欲しい」と積極的にメッセージが来るようになる可能性大です。

    デートの誘いを減らす


    連絡の頻度だけでなく、デートの誘いを減らすことで彼女を嫉妬させることもできます。今まで週に一回は会っていたのに、「仕事が忙しいから」「友達と遊ぶから」とデートの頻度を減らしていけば、彼女も違和感に気づくはず。

    「他のことと比べて自分は優先されてないのかも」と感じて、積極的に自分の魅力をアピールしてくれるようになるでしょう。

    しかし、もともと彼女があなたに愛情をあまり抱いていない場合、デートの頻度を減らしそのまま自然消滅してしまう可能性もあります。彼女からの愛情をもともと感じていないなら、デートの頻度を減らしすぎるのはNGです。