「裏Gスポット」ってなに?場所&開発方法と女性の性感帯を徹底解説

  • 【番外編】Gスポットの開発方法

    裏Gスポットを開発すると同時に、その元となっているGスポットの開発方法も押さえておきましょう。女性の性感帯としては最もポピュラーであり、かつ開発しやすい部分です。

    これから彼女の性感帯を開発していくという方であれば、まずはGスポットから始めてみましょう。Gスポットの位置が分かれば自ずと裏Gスポットの位置も分かりますし、膣内の刺激の塩梅も分かってきます。

    Gスポットから女性への愛撫の幅は広がりますので、ぜび積極的に取り組んでみてください。

    Gスポットの位置


    Gスポットは膣のお腹側、中指を第二間接まで挿入したとき丁度指腹に当たります。指を第二間接で折り曲げて、ツルツルしていたりザラザラしている場所があれば、そこがGスポットです。

    Gスポットの感触は人によって様々ですが、周辺の膣壁と違った感触が特徴的なため、見つけるのは難しくないでしょう。

    手や指を使っても疲れにくい位置にありますので、開発するにあたっては難易度が低いと言えます。女性自身がオナニーすることでも開発は可能です。

    Gスポットは開発しやすい?


    Gスポットは、位置も分かりやすく、開発して成熟度を上げることも比較的簡単と言えます。

    初めのうちは性的快感よりも、くすぐったさや違和感を覚えることが多いですが、何度か繰り返しているうちに確実に気持ちよさへと変わっていきます。そして一度快感を覚えてしまえば、オーガズムに上り詰めるまでもそう時間は掛からないでしょう。

    最初さえ丁寧に優しくアプローチすれば、比較的簡単に成熟させることができます。


    Gスポットの刺激の仕方とは


    Gスポットを刺激する際には、優しく指でタップするようにしてあげましょう。くれぐれも強く力任せに刺激してはいけません。痛みを伴うだけでなく、膣内を傷付けてしまう可能性まであります。

    軽く押し込んでみたり、擦り上げてみたりと、彼女の反応を伺いながら刺激してあげることが一番です。誰と何のために行為をするのかを考えて、思いやりのある愛撫を心がけましょう。

    アダルトコンテンツのような過度な愛撫は、実際に通用するものではありません。

    おもちゃを使うのも◎


    Gスポットを開発する際には、ディルドやバイブなどのおもちゃを使うことも効果的です。指ではなかなか上手く愛撫できない、快感が得られないという場合には、おもちゃを試してみましょう。指とは違った刺激に、性感帯として目覚める可能性があります。

    おもちゃを使う場合には、彼女の体に合ったものを選ぶことが大切です。まずはGスポットの位置を把握し、そこへ的確に届くものを使いましょう。

    指の愛撫とおもちゃの愛撫を使いこなすことで、より効果的にGスポットを開発することができます。