「裏Gスポット」ってなに?場所&開発方法と女性の性感帯を徹底解説

  • 裏Gスポット以外の膣内にある性感帯

    裏Gスポット以外にも、膣内には複数の性感帯が存在します。感じにくいと思われがちな膣内ですが、性感帯を正しく刺激し開発してあげることで快感を与えることは充分に可能です。

    アダルトコンテンツなどのサービスから得られる曖昧な情報ではなく、現実に即した知識から女性の体を把握しましょう。加えて、実際のパートナーの反応を分析することも大切です。

    複数のポイントを押さえ、上手に扱うことが出来れば、彼女を中イキさせることも不可能ではありません。

    Gスポット性感


    女性の膣内において最もポピュラーな性感帯といえば、「Gスポット」でしょう。刺激を与えることで感度が磨かれていく部位で、比較的簡単に開発が可能です。

    Gスポットは膣内のお腹側、膣口から3~5cmのあたりに位置しています。中指を第二間接ほどまで挿し込めば、指の腹で確認できるでしょう。ザラザラ、あるいはツルツルと違った感触の部分がGスポットです。

    充分に膣内を潤わせてから刺激してあげてください。尿意を感じるその先に、絶頂が待っています。

    AGスポット


    「AGスポット」とは、Gスポットよりも1.5cmほど奥に位置する性感帯です。Gスポットが中指の第二間接を目安とするならば、AGスポットは第三間接まで挿入することが目安となります。

    刺激する方法としては、膣壁をトントンと軽く叩いてあげることが有用です。優しく刺激しつつ、彼女の反応を見て強弱を調整しましょう。上手く開発することができれば、Gスポットよりも強い快感を得られると言われています。

    Aスポット性感


    「Aスポット」とはGスポットよりもさらに奥、お腹側に沿って子宮頸部の手前に位置する性感帯です。触った特徴としては、少し窪んでいます。かなり奥まった場所にあるため、ペニスやおもちゃを使って刺激してあげましょう。

    膣の奥までペニスを挿入し、優しく押し込むようにしてみてください。ピストン運動で強く刺激することのないように気をつけましょう。優しく振動させるイメージで動いてあげると、効果的です。

    ポルチオ


    「ポルチオ」とは、膣の最も奥、子宮頸部のうち突出している部分を指します。通常指では届かない位置にありますが、快感によって膣内に降りてくる性質があり、感じさせるほど刺激がしやすくなる性感帯です。

    ポルチオはもともと性感帯として機能しておらず、快感を与えるためには開発をしなければいけません。慣れないうちは痛みを伴う可能性が高いので、くれぐれも優しく刺激してあげましょう。

    振動を意識したり、優しく押し込むようなイメージが大切です。