「裏Gスポット」ってなに?場所&開発方法と女性の性感帯を徹底解説

女性の膣内にある「裏Gスポット」をご存知ですか?名前の通りGスポットの反対に位置する、隠れた性感帯です。性感帯を上手に刺激し開発してあげることで、彼女を中イキさせることも難しくありません。女性の膣内性感帯を把握して、より良いコミュニケーションを築きましょう!

  • 裏Gスポットとは?

    「裏Gスポット」という言葉を聞いたことはありますか?女性の膣内に存在する性感帯のひとつで、その名の通りGスポットの裏側に存在するものです。

    女性の膣は性的快感を覚えにくいと言われていますが、性感帯を正しく刺激することさえできれば、実はそれほど難しくありません。複数存在する性感帯の位置や刺激の与え方を押さえることで、ワンランク上の快感を実現することができるでしょう。

    この記事では、「裏Gスポット」についてご紹介します。彼女を膣イキさせたいと奮起する男性は、是非参考にしてみてください。

    裏Gスポットの場所はどこ?


    「裏Gスポット」はGスポットの反対側、すなわちお尻側に位置しています。膣の入り口から数cm、少し窪んでいるところが裏Gスポットです。

    手のひらを下にして指を挿入し、膣壁を沿うように窪みを探してみましょう。人差し指や中指であれば第二間接まで挿入すれば到達するはずです。あるいは親指であれば、根元まで挿入してちょうど指の腹に当たります。

    裏Gスポットは性感帯として機能するために開発が必要不可欠ですので、彼女の反応がいまいちだからといって裏Gスポットが無いわけではありません。根気よく挑戦してみましょう。