キャバクラでアフターに誘いたい!注意すべき点と誘い方のコツとは?

キャバクラでお気に入りのキャバ嬢がいるという男性もいるでしょう。キャバクラの中で対話するのも楽しいですが、もう一歩近づきたい。そう思った時アフターという考えが頭をよぎることもあるはず。今回の記事ではキャバ嬢の意見も交え、注意すべき点をレクチャーしていきます!

  • キャバクラの「アフター」とは?

    男性の皆さんは、友達同士や職場の付き合いなどで、キャバクラを利用することもあるでしょう。そこでキャバ嬢を「アフター」に誘いたいと考えたことはありませんか?「アフター」とは、キャバクラの営業後にキャバ嬢とキャバクラ外で会うことをいいます。

    主な目的は、接客をしてくれたキャバ嬢を、今度はお客側が「ありがとう」の意味を込めてもてなすというもの。そしてアフターですることのほとんどは、飲食になります。ですから簡単にいえば、キャバ嬢とキャバクラ外で食事などをすることを「アフター」というのですが、アフターは誘えば必ずキャバ嬢が応じてくれるとも限りません。

    初めて来店しただけではアフターは難しい


    キャバ嬢により、アフターに応じるかどうかの線引きは色々です。中にはお客様に誘われれば、予定がない限りアフターのお誘いは断らないというキャバ嬢もいます。ですが、そのようなキャバ嬢は稀と考えるのが妥当でしょう。

    キャバ嬢にとってアフターは、場所さえ違えど半分は仕事。アフターに応じることで、自身のキャバクラでの仕事の利益に繋がらないのであれば、できれば応じたくないのが本音なのです。

    ですから初めて来店した「一見さん(いちげんさん)」ですと、そのお客様がどんな人か理解しきれないため、アフターに誘われても断る確率が非常に高いといえるでしょう。

    アフターの料金は発生しない


    アフターでキャバ嬢と同席しても、そこに料金は発生しません。場所がキャバクラ外になるので、立場はお客様とキャバ嬢であってもその時間はフリー。したがって追加料金などを徴収されることはありません。

    けれどキャバ嬢にとって、仕事終わりに時給が発生しないことに付き合うからには、それ相応のメリットが欲しいのが本音。今回の記事では、そんなキャバ嬢の考えなどにも理解を深め、どこに注目すれば上手にアフターに誘えるのか考えていきましょう。