彼女の結婚したいサイン気付いてる?みんなが結婚を決めた理由を公開

  • 彼女と結婚する前に考えるべきこと

    彼女から結婚したいサインが出ており、結婚相手として申し分ないと判断した場合でも、結婚に踏み切る前に、いま一度考えておくべきことがあります。

    失敗して後悔しないためにも、事前にチェックすべきことをご紹介していきましょう。

    プロポーズのタイミング


    プロポーズは人生の中でも大きなイベントのひとつです。結婚後もずっと記憶に残るものなので、なるべくステキな思い出にしたいと考える人も多いことでしょう。

    特に女性は理想のプロポーズを思い描いている場合もあるので、タイミングには気を付けたいもの。彼女の準備ができていない状態でプロポーズを行ってしまうと、困らせてしまうこともあるので注意が必要ですよ。彼女の気持ちや仕事の様子など、状況をよく見極めることが大切になります。

    また、理想のプロポーズとしてサプライズ性を望んでいる人と、記念日のタイミングでしてほしいと考える人がいるので、彼女がどんなタイプなのかそれとなく探っておくと良いでしょう。

    結婚資金は貯金できているのか


    結婚したいと考えていても、結婚式を行うには費用がかかります。結婚資金は貯金できているのかという点はとても重要な問題です。

    たとえ結婚式を行わないにしても、結婚指輪代や両家の顔合わせのための会食費、引っ越し費用、ゆくゆくは出産費用など、何かとお金は必要になってきます。

    資金はどのくらい必要になるかという点は、行う内容や規模によって大きく異なってくるので、おおまかなプランで一度計算してみると良いでしょう。具体的な金額が見えてくれば、目標額への貯金の意欲も高まるはずです。

    子供ができたら育てられるか


    結婚後、すぐに子供ができる可能性も考えられます。その時には責任を持って育てるという覚悟が必要です。

    金銭面はもちろん、出産時や産後は周囲のサポートも必要となりますので、両家の協力が得られるかというのも視野に入れておくと良いでしょう。

    そして何より、自分自身が親となるという自覚を持つことが大切になります。誰でも最初は不安があるものですが、愛情を持って育てたいという気持ちがあれば、きっと頑張れるはずです。

    結婚後のお互いの働き方はどうするのか


    昔は、女性は仕事をしていても結婚したら寿退社するというのが一般的でした。しかし、現在は結婚後も仕事を続ける女性が多くいます。彼女が仕事をしている場合、結婚後にどういう生活を望んでいるのかというのは確認しておくことをおすすめします。

    仕事が好きでしばらく続けたいと考える人もいれば、専業主婦になりたいと考える人もいるはず。場合によっては、夫となる男性側の働き方を見直さなくてはならない可能性も出てきます。

    相談をせずに、男性側の都合で結婚後の女性の選択肢を無くしてしまった場合、後に不満が募ってしまうことも考えられるので、事前に話し合っておくのが賢明です。