彼女の結婚したいサイン気付いてる?みんなが結婚を決めた理由を公開

  • 彼女との結婚を決めたエピソード

    彼女との結婚を決意させるポイントはわかってきたでしょうか。それでは、実際に既婚男性が結婚を決めたエピソードを見てみましょう。

    結婚の決め手は十人十色で、それぞれにドラマがあります。人生の先輩たちのターニングポイントをご覧ください!

    お互いに結婚適齢期だった


    「結婚を決めたのは、お互い30歳だった時。結婚適齢期だし、三十路っていう区切りでけじめを付けようと思って、結婚を決めていた。

    付き合っている時から、なんとなく『30になったら結婚するか』って言ってたから、今の嫁さんにプロポーズした時も『ついにその時が来たか』という感じだったと思う。」(32歳/男性/製造業) 

    お互いの年齢を考えて、けじめを付ける形で結婚を決めたというエピソードです。サプライズ性はありませんが、付き合っている時から結婚のタイミングを宣言しておくというのも、彼女の心の準備ができて良いかもしれませんね。

    彼女に結婚願望が強かった


    「彼女が結婚願望の強い子で、付き合いはじめた大学生の頃から家事を頑張ってる感じでした。当初から母親と仲良くしたり、俺の友達とも積極的に交流を持ってて、今考えると着実に外堀を固めていたんですよね。

    周りからの後押しもあって、25歳で結婚しました。妻には尻に敷かれているけど、しっかりしているから頼りになります。」(35歳/男性/公務員)

    彼女に結婚願望が強い場合、男性にとってはプレッシャーにもなりますが、期待に応えたいとも感じますよね。男性側の決心次第ですぐに結婚に発展しそうな場合は、彼女を焦らせないよう、現在考えていることをきちんと伝えるように心がけましょう。

    子供ができた


    「結婚を決めたのは、子供ができたから。できちゃった婚です。最初は不安も大きかったけど、いざ子供が生まれたらやっぱり可愛いですね。子育ては大変だけど、親として頑張らなくちゃいけないと思ってます。」(39歳/男性/営業職)

    あまり世間のイメージが良くないと思われがちの授かり婚ですが、晩婚化の現代においては結婚の決め手のひとつとして認知されてきているようです。スタートはどんな形でも、結果的に幸せな家庭が築ければ良いという事ではないでしょうか。

    これからも彼女の手料理を食べたいと思った


    「彼女が料理上手で、恋人期間は作ってもらうのが楽しみだった。今後も手料理を食べたいと思って、「これからも俺のために毎日料理作ってくれる?」って言ったのがプロポーズ。」(36歳/男性/建設業)

    「男心を掴むには胃袋を掴め」なんて言ったりもしますが、まさに胃袋を鷲掴みされたケースですね。女性も、男性が美味しそうに食べる姿にはモチベーションが上がり、作り甲斐があると感じるはず。作ってもらった感謝の気持ちを忘れず、言葉に表すことが大切です。