同じ環境、付いていけそうな内容、気取らず…「アウェイの結婚式2次会で、参加者と仲良くなる手段とは?」226人に聞いた男性の本音

同じ環境、付いていけそうな内容、気取らず…など「アウェイの結婚式2次会で、参加者と仲良くなる手段」について紹介します。(2015年1月実施 10~20代独身男性226名)

  • 誰も知り合いがいないいわばアウェイの結婚式2次会で、あなたならどいう手段でまわりの参加者と仲良くなりますか。

    相手の話を聞いて、一緒に楽しめそうなことを探す。(20代男性)


    一人でポツンとしている空気を出し、新婦とどういった関係なのかという話題から話しかける。(10代男性)


    絶対に仲良くなることは不可能なので何もしないことが一番だ。(10代男性)


    まずは事項紹介して、新郎新婦との関係を聞いて近づく(20代男性)


    なるべく自分と似たような形でアウェイになっている人を探す。(20代男性)


    服装を褒めて、自己紹介をし、近寄って行きます。(20代男性)


    仕事とか済んでるとことか無難な話をいろいろして趣味が合いそうな人を探す(10代男性)


    ない、が基本的に新郎新婦と適度に話してタイミングを見て紹介してもらう。 同じアウェイの人を探す(20代男性)


    最初に飲み物などで交流してみての反応で話す(20代男性)


    誰も知りあいがいなくても新郎からの紹介で誰かと仲良くなれる。(20代男性)


    とにかく隣の人と話すか、だれかつまらなそうにしている人をみつける(20代男性)


    みんなにお酒をついで回るついでに声をかけて話す(20代男性)


    特に何もせず、ただひたすら空気に徹して様子を見る。(20代男性)


    新郎・新婦とのつながりを聞けば、最初のきっかけはつかめるし、自己紹介にもつなげられる。もしくは新郎に紹介してもらう(20代男性)


    同じような状況の人がいないか探して近づく。(20代男性)


    飲み物などを渡したりすることで近づいていく(20代男性)


    しょうじき、わからないが、新郎新婦の話をするしかない(10代男性)


    共通の話題をひたすら探して会話にはいる。(20代男性)


    その助成の興味の有りそうな話題などを話してみる(20代男性)


    正直に話してお互いの軽い情報を交換して こんな結婚式をしてみたいですね、のようなことを(20代男性)


    挨拶をして、自分の自己紹介をし、警戒心を解く(20代男性)


    アウェイの事をオープンにして、さわやかに「自分も混ぜて」と声を掛ける。(20代男性)


    自分と同じ環境の人に話しかける、となりとか(10代男性)


    新郎新婦とどんな関係なのか聴きに徹すると色々と情報が入っていいかも。女性との話題がほしいなら女性雑誌を読んでいると話題が合うかもしれない(20代男性)


    自分自身を素直にさらけ出すことが大事。うそはすぐにばれる。(20代男性)


    誰も知り合いがいない結婚式2次会でも、とにかく話しかける。(10代男性)


    知り合いがいなくてもとにかく話しかければ仲良くなれる。(10代男性)


    そもそもアウェイの結婚式2次会にはいかない(20代男性)


    とにかく挨拶回りで付いていけそうな内容に食い込む(10代男性)


    なかなか難しいけど楽しまないと周りと仲良くなれない(20代男性)