ビッチの意味と特徴とは?要注意な清楚系ビッチの特徴や見分け方も

  • 【番外編】ビッチに見られがちな女性の特徴の改善法

    「本当はビッチなんかじゃないのに、なぜかそう見られて男が寄ってくる…」と嘆いている女性もいるかもしれません。けれど、男が寄ってくるのには何らかの理由があるはず。自分自身を見つめ直すことで、思い当たる節が見つかる可能性が。そこで、おすすめの改善方法をピックアップしてみました。

    露出の少ない落ち着いた服装をする


    露出度の高い服装をしているだけで、あばずれというイメージを与えてしまいます。純粋にファッションとしてミニスカートやオフショルダー、胸元の開いた服などが好きだとしても、これらを好んで着ることで、ビッチな印象が出来上がってしまうのは確か。

    肌見せはNGと肝に銘じ、露出の少ない落ち着いた服装に変えるだけで、男性に与えるイメージが大きく変わるでしょう。

    上品な言葉遣いや仕草を心がける


    ビッチな女性は、ドタバタと騒がしく、雑な印象を与える行動を取るのが特徴です。男性を落とすための殺し文句は、自慢の演技力と共に豊富に持っている可能性がありますが、それ以外はからっきしダメということがほとんど。さらに、自慢のボディタッチもかなり雑だったりします。

    常に上品な言葉遣いを心がけ、静かに歩いたり、物をていねいに扱ったりといった仕草を意識してみましょう。ボディタッチは相手が気づくか、気づかないかくらいのソフトにするのが効果的。それもたびたびではなく、ここぞという時に行えば、大きくイメージを変えられるでしょう。

    誰に対しても同じ態度で接する


    相手が女性だと面倒くさそうに対応するのに、異性となるとコロッと態度が変わる女性が、同性から嫌われるのは必至。同性から「男好きな女」の烙印を押されると、それが男性にも伝わってしまうのは明らかですね。

    我が身を振り返り、相手によって態度を変えていなかったか思い出してみましょう。思い当たる節があったら、すぐに改善に乗り出す必要があります。誰に対しても同じ態度で接することが大事ですし、異性よりも同性に親切にするくらいでちょうどいいかも?

    相手によって態度を変える人を見るといい気はしないだけに、異性と接する時は特に注意が必要。そのためには、同性に「男好きなビッチ」を否定してもらうのがよさそうですね。

    飲み会は1次会で帰ろう


    とにかくお酒をよく飲むのが特徴なだけに、飲み会に参加したときに2次会、3次会と付き合うと、男性から狙われやすくなります。いくら飲んでも酔わない自信があり、もともとビッチではないから男性の誘いにも絶対に乗らないというのであれば、状況によっては参加してもいいかもしれません。

    とはいえ、2次会、3次会となるとどんどん夜は更けていきます。そんな時間にまだお酒を飲んでいること自体、男性の目には普通ではないと映るもの。純粋にお酒が好きだとしても、飲み会は1次会で帰るのがいいですね。