ビッチの意味と特徴とは?要注意な清楚系ビッチの特徴や見分け方も

  • 要注意!清楚系ビッチな女性の特徴《内面編》

    清楚系のビッチ女性は、見た目からはお嬢様な雰囲気が出ているのが最大の特徴のため、いかにもビッチとわかる女性と比べて、区別が付きにくいのが一番の違いです。外見でわからないときは内面を探ってみて、隠れビッチの要素がないかどうかを探してみるのがいいでしょう。そこで、内面の特徴もご紹介します。

    同性の友達が少ない


    男性の目には完璧な女性に見えるのになぜか女友達が少ない場合、その女性は隠れビッチの可能性が高いでしょう。

    本物の清楚なお嬢様は性格に表裏がない人がほとんどとあって、同性にも好かれます。一方、お嬢様を真似ているだけのお嬢様系の女性は、同性からは嫌われがち。もちろん清楚系ビッチは言うまでもないでしょう。本物と偽物の違いを、女性ならではの鋭い直感で見抜いているというわけです。

    本当に清楚なのか、それとも見せかけているだけなのかで判断に迷った時は、周囲の女性たちの対応を見てみるのがおすすめ。輪の中に入ってはいるものの、なんとなく周りの女性たちから距離を置かれているとしたら、正体を見抜くのにかなり参考になるでしょう。

    プライドが高い


    清楚系ビッチには、プライドが高いという特徴があります。もともと容姿端麗でないとなれないのがビッチ。そこへもってきて女子力の高さが自分への絶対的な自信になっているのが、清楚系ビッチの特徴です。

    他の誰よりも自分が一番可愛い、あるいはキレイ、さらには女子力が高くて魅力的と考えているため、プライドがどんどん高くなります。結果として、いい男を見つけたが最後、狙った獲物は逃がさないと考えるのも特徴です。

    とはいえ、時には思い通りにいかないことも。急にふてくされたり泣き出したりと、男性だけでなく周囲の女性も巻きこむ「面倒くさい女」になるのが清楚系の特徴。プライドの高さと面倒くささが一緒になっていたら、要注意ですね。

    プライドだけでなく男性への理想も高い


    清楚系ビッチはプライドが高いだけでなく、男性に対する理想も高いのが特徴です。いわゆるあばずれタイプの女性は、誘ってくれる男性なら誰でもいいというところがありますよね。寂しがり屋のかまってちゃんはプライドとは無縁なので、男性に対する理想はあまり高くありません。

    一方の清楚系ビッチは、自分が一番!という高いプライドを持っているだけに、とにかく男性に求める要素が多いのが特徴です。しかも多くの条件を求めるだけでなく、その一つ一つのハードルがかなり高いのも特徴。

    医師やパイロットなどイメージのいい職業の男性に弱く、最低でも年収1,000万円はないとダメ。イケメンであることは必須とあって、男性からするとオイオイと突っ込みたくなるところですね。

    他のビッチと同様に演技が上手


    清楚系ビッチも演技が上手なところは、あばずれタイプのビッチと同じ。両者にはあまり共通点がないのが大きな特徴ですが、ここぞという時に見せる演技力のうまさは、数少ない共通点と言えるでしょう。

    その他の共通点としては、女性の友達が少ないことくらいです。この共通点の少なさを考えると、清楚系ビッチが徹底的に本当の自分を隠していることは明らかです。そもそも「隠れビッチ」と呼ばれるくらいですから、本当の自分を見せず、さらにわからせない演技力はさすが!

    清楚系は本音を隠す演技が得意な上に、いったんビッチな面を見せたとしても、また清楚な女性を演じます。中には「自分にだけは情熱的な面を見せてくれる」と勘違いしてしまう男性も少なくないほど、演技上手なのが特徴です。