本気汁って一体なに?愛液との違いや本気汁の出させ方を徹底解説!

女性がセックスで本気で感じた時に出すといわれている「本気汁」というのをご存じでしょうか。普通の愛液とは少し違っていて、本気汁が出ているということは、その女性が本当に気持ちよくなっている証拠です。今回は、男性にぜひとも知ってもらいたい本気汁について詳しくご紹介します。

  • そもそも女性の「本気汁」ってなに?

    本気汁の正式名称


    本気汁の正式名称は「バルトリン腺液」といいます。これは、通常の膣分泌液やオリモノ、ポルノ映像などでよく見る潮吹きとは違う部分から分泌される体液です。ですので、通常の愛液やオリモノとは粘度や舐めた時の味に少し違いがあります。

    触感は通常の愛液よりも粘度が高く、ヌルっとしている点が特徴です。男性でいえば、カウパー腺液に近い触感です。色は無色透明かやや白みがかっており、性器が擦れたり指で刺激したりしているので、泡立って白濁していることもありますね。

    また、舐めると少し甘いのも特徴。前戯で女性の性器を舐めている時、いつもと違う味がしたなら、本気汁が混ざっている可能性が高いですよ。

    本気汁の役割は?


    本当に気持ちよくなった時に分泌される本気汁は、セックスの時の潤滑液としての役割だけでなく、精子を守る役割も担っているのです。精子は子宮に届く前にほとんどが死んでしまうというのはよく聞く話ですよね。

    普通の愛液は酸性で、弱アルカリ性の精子を殺してしまうのですが、本気汁は普通の愛液と比べて酸性が弱いといわれていますので、子宮まで精子を運んでくれる確率が高くなるのだと考えられます。妊娠を希望しているカップルは、ぜひとも本気汁の出し方を学んでおきたいですね。

    本気汁はどんな時に出る?


    女性は、性器を刺激された時や性的に興奮している時に本気汁を出します。セックスで気持ちいいと感じている時はもちろん、セックスを連想させるものや、性的に刺激のあるものを見た時でも本気汁を出す女性はいるのです。

    しかし、性的に興奮している時以外にも本気汁が出るケースもあります。それは体を守ろうとする時で、本能的に反応して本気汁がでてしまうのです。あってはならないことですが、望まない相手とセックスしなければならない場面に出くわした場合でも、女性は本気汁を出してしまうでしょう。

    オナニーでも本気汁はでるのか


    本気汁の分泌に必要なのは性的な刺激です。よって、パートナーとのセックスだけが本気汁を出す条件ではないのですね。もちろん、一人でオナニーをする時でも、興奮が最高潮に達したなら本気汁は大量に溢れ出るでしょう。

    ですので、場合によっては「本気汁を出して」とお願いするマニアックなプレイが可能なことも。もちろん、マニアックなプレイには信頼関係と同意が必要不可欠ですが、プレイの幅が広がるかもしれませんね。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)