「まんぐりがえし」とは?メリット&デメリットや女性の経験談も紹介

「まんぐりがえし」という体位があることは知っていても、果たして挿入に向いているのか、女性が喜ぶのかどうかはよくわからない、という人は多いでしょう。そこで今回は、まんぐりがえしについて解説していきます。まんぐりがえしのメリットやデメリット、女性を気持ちよくするためのテクニック、まんぐりがえしをセックスに取り入れている先輩たちの声などを紹介します。この記事で、まんぐりがえしのすべてがわかりますよ。

  • そもそも「まんぐりがえし」って何?

    そもそも「まんぐりがえし」とはどんな体位なのでしょうか?なんとなく知っているけど、AVの中で見るだけで、自分でできるとは思わないし、詳しく知らないという人もいるかもしれませんね。ここではまず、まんぐりがえしがどういう体勢のことなのか、詳しく解説します。

    「まんぐりがえし」とは


    まんぐりがえしとは、女性が仰向けに寝た状態で、腰を上に持ち上げ、陰部を見せつけるようにする体位のことです。体操の「肩倒立」ほど足を上げるわけではありませんが、腰は同じくらいの高さまで持ち上げ、足を曲げるとまんぐりがえしの姿勢になります。

    同じように、女性が恥ずかしいと感じるスタイルの代表が「M字開脚」でしょう。脚をMの字のように開く姿勢のことで、こちらも女性の局部が丸見えになる姿勢です。しかしまんぐりがえしは、このM字開脚よりも局部が丸見えになってしまいます。

    「まんぐりがえし」はセックスの体位?


    まんぐりがえしでセックスするとき、男性が女性にまたがるようにして立ち挿入します。しかし、想像していただければおわかりのとおり、女性にとってはもちろんのこと、男性にとっても簡単な体位ではありません。

    一方で、まんぐりがえしで女性をクンニするのは挿入より楽でしょう。まんぐりがえしをした女性の股間で挟める位置に男性の上半身を置き、女性の局部を愛撫するのです。局部も丸見えな上に愛撫もしやすいので、まんぐりがえしは挿入よりも、クンニなど愛撫するための体位だと考えたほうがいいかもしれませんね。

    「まんぐりがえし」と同じ体位を男性がすると…


    男性がまんぐりがえしと同じ姿勢になることを、「ちんぐりがえし」といいます。これは、女性がS、男性がMのカップルでよく使われる体位と言えるでしょう。ペニスやアナルを女性が攻めるときにちんぐりがえしをすると、視覚的にかなりエロくなり、雰囲気が盛り上がります。

    セックスでマンネリを感じている場合にも、ちんぐりがえしはおすすめです。女性にMっ気があり自分がいつも攻めてばかりなら、時には女性に攻めさせてみると、セックスがもっと楽しく感じられることも。Mだと思っていた女性がSで、Sだと思っていた男性がMだった!なんて発見もあるかもしれませんよ。