勘違いブスが痛々しい!その特徴&原因や困った時の対処法を一挙解説

  • 「勘違いブス」と周囲に思われないためには?

    最後に、自分自身が勘違いブスにならないための方法を紹介していきましょう。女性だけではなく、男性でも勘違いブスになってしまうおそれがあるので、気をつけたいところです。

    そもそも勘違いブスは、自分が勘違いブスだという自覚を持っていません。そのため、もしかしたらあなた自身が、周囲から勘違いブスだと思われている可能性もゼロではないのです。

    勘違いブスだと思われたくない人は、ぜひ注目していきましょう。

    謙虚な態度を心がける


    特徴からもわかる通り、勘違いブスに足りないのは謙虚な態度でしょう。自分に自信をもつこと自体は素敵なことで、悪いことではありません。しかし、勘違いブスは謙虚な態度を一切見せないため、他の人から白い目で見られたり、非難されたりするのです。

    自分の心の中でどう思うかは自由ですが、勘違いブスに認定されたくなければ、謙虚な態度を意識したほうがいいでしょう。

    ブスと言われないくらい内面と外見を磨く


    そもそもブスでなければ勘違いと思われることもありません。勘違いブスと言われたくなければ、ブスと言われないくらい内面と外見を磨いていきましょう。

    たとえば誰もが認める美人で可愛い女優が、自分に自信を持って、多少自意識過剰な発言をしていてもそこまで気になりませんよね。それは自意識過剰になっても許されるほど魅力的だからです。

    そんな人になることができれば、どんなに自信を持っても勘違いブスとバカにされることはないでしょう。

    人からの好意には疑いを持つ


    勘違いブスはとにかく「この人って私のことが好きなのかも!」と、人の好意を勘違いすることが多くあります。そのため、多少そう思うようなことがあったとしても「自分の勘違いかもしれない」と疑いを持つようにしましょう。

    効果的なのは、周りと自分との接し方の差に注目をしてみることです。たとえば、優しいと思った男性は、基本的に誰にでも優しい一面を持っています。周りを見ることで「あの子にも同じように優しくしている」と気づき、思い込みを制御することができるでしょう。

    マウンティングや自慢は控える


    たとえ自慢したいことがあったとしても、基本的にマウンティングや自慢話は人から好かれないため、控えたほうが良いでしょう。マウントを取ることや自慢話は、たとえそれが虚言ではなく本当のことだとしても、言った人の人間性が薄っぺらく見えてしまう場合がほとんどです。

    むしろ自慢してもいい内容のことを自慢せずにいる人のことを、多くの人は「謙虚で精神的に落ち着いている人だ」と思い、好印象を持ちますよ。