勘違いブスが痛々しい!その特徴&原因や困った時の対処法を一挙解説

  • 周りにいる勘違いブスへの対処法

    周りに勘違いブスがいたら、どのような対処をしていけばいいのか悩む人もいるはずです。イラっとしたり勘違いされたりするのは非常に面倒で、できれば避けたいことでしょう。

    そこで、勘違いブスに対する効果的な対処法を解説していきます。

    目の前で別の女性を褒める


    目の前に勘違いブス以外の女性がいるならば、その女性を褒めてみましょう。

    勘違いブスは自分のほうが魅力的だと思いこんでいるため、自分以外の女性が褒められることは予想外の出来事。思わず驚いたりプライドが傷ついたりして、その場から立ち去ってくれることもあるでしょう。

    「勘違いブス」についての話題を出す


    あえて「勘違いブスって正直きついよね」などの話題を出してみましょう。もちろん勘違いブスは、自分が勘違いブスだという自覚は持っていません。

    しかし、特徴を言ってみたり、勘違いブスにありがちな言動を言ってみることで、遠回しに気付かせることができる場合もあります。

    ただし、不用意に相手を傷つける行為は単なるいじめとなるため、限度は考えておきましょう。

    男性は必要以上に関わりすぎないことも大切


    男性の場合は近づくだけで「好かれている」と勘違いされてしまうため、必要以上に関わらないことが大切です。勘違いされても構わない、特に気にしないというならば問題ありませんが、周りから噂されたり勘違いされたりすることが嫌ならば、距離を起きましょう。

    また、勘違いブスに優しくしてしまったら、勘違いブスの前で別の女性に同じことをすると「あなただけに優しくしているわけではない」と遠回しに伝えることができますよ。

    時には正論で反論するのも良い


    時には正論で反論するのも良いでしょう。都合の悪いことは聞こえないふりをする勘違いブスですが、あまりにも度が過ぎた勘違いによってトラブルを起こしたり、迷惑をかけたりしているならば、きちんと話すことも大切です。

    もともとプライドが高いため、人に指摘されることを嫌います。たとえこちらが反論したことに納得してもらえなくても、「指摘されて恥をかくくらいなら、ああいう言動はちょっと控えよう」という気持ちになってくれることもあるのです。