男女の腰の振り方レッスン【体位別】セックスの腰の振り方を大公開!

  • 体位別!気持ちいい腰の振り方《男性編》

    セックスでリードするのは、たいてい男性。経験豊富な女性にお手合わせ願うにしても、男性としては、まず主導権を握りたいところですよね。そこで、男として知っておきたいセックスでの気持ちいい腰の振り方を、体位別にご紹介します。男性の皆さん、ぜひご参考ください。

    基本中の基本「正常位」



    動物の中で、性行為の際に真っすぐに向かい合うのは人だけだと言われています。その理由は、人はリラックスした、安全な環境でセックスをすることがが可能だから。お互いを見つめ合いながらの正常位は、愛を確かめ合いながらのセックスになるとあって、基本中の基本です。

    そんな正常位での男性の腰の動かし方のコツは、挿入してからすぐに動かさないこと。まずは女性に「彼が入ってきた」と感じさせるため、しばしそのままにします。その後、膣内をペニスで掻きまわすようにゆっくりと回転させてから、少しずつ動かし始めましょう。女性が感じてきたら、リズムにメリハリをつけながら、テンポよく動かすのがポイントです。

    男性の憧れ?「バック」


    後背位とも呼ばれるバックは、後ろから女性に挿入するのが特徴の体位です。動物が交尾をする姿勢はバック。男性にとって、バックが憧れの体位とよく言われるのは、オスとしての本能なのかも。女性の秘部がよく見えることも、男の征服欲を高める要素になっています。

    バックでは女性が四つん這いになり、男性は膝立ちで挿入するのが基本の姿勢です。バックは正常位よりも深く挿入でき、女性の性感帯であるGスポットの、まださらに奥にあるポルネオに刺激を与えられるのが特徴。

    挿入したら、力任せに打ち付けるのではなく、女性が快感を感じる部分を探るような腰の動かし方をすると、女性を気持ちよくさせられます。

    女性を見て楽しめる!「騎乗位」


    騎乗位は、男性がベッドに寝転がって、自分の身体の上に女性を乗っける体位です。男性は寝ころんだままでよいので、姿勢が楽なことと、上に乗って身体を動かす女性を見て楽しめるのがメリット。

    騎乗位は、基本的に女性に主導権をゆだね、女性に好きなようにさせるのがポイントです。そのため、腰を振るのも女性の好きなようにさせてあげましょう。とはいえ、女性に気持ちいいと感じてもらうには、男性の騎乗位での腰の動かし方も知っておく必要があります。

    女性と息を合わせることが、腰の動かし方のコツ。女性が沈みこんだ瞬間に下から腰を突きあげるように動かします。沈むと突き上げるの両方が合わさることで、より深くつながれるからです。

    ピッタリ密着がいい感じ「座位」


    座位は、文字どおり座って挿入する体位のこと。座った男性の上に、女性がまたがるようにして座り、挿入します。向かい合った場合は対面座位、座った男性の上に後ろ向きに女性が座ると、背面座位です。

    女性が男性の上に座ることによって、身体の重みが加わってより深い挿入感になるのが座位の良さ。対面ではお互いの身体にしっかりと密着する姿勢になるため、より親密な雰囲気になるのが人気です。

    女性が膝の上に乗っているため、男性の動きが制限されるのが座位という体位の特徴。そのため、ピストン運動の際の腰の動かし方は緩やかに。挿入状態を楽しむのに適した体位だけに、ゆっくりした動かし方にするのが、女性を気持ちよくさせるコツです。

    寝転んだ姿勢でも「側位」


    お互いに横向きに寝ころんだ姿勢から挿入する体位のことを、側位と言います。女性に挿入するためには男性が後ろに回らないといけないとあって、後側位とも呼ばれる体位です。

    男性が後ろから女性の身体を抱きしめられるので、女性に喜ばれる体位でもあるのが特徴。さらに、お互いに横になっているため、姿勢が楽なことから、長く楽しめるのも魅力です。

    ただし、寝転んだ姿勢での横向きからの挿入とあって、ペニスが抜けやすいのがいちばんのデメリット。そのため、側位では、可能な限り深く挿入します。抜き挿しするピストン運動ではなく、ゆっくりと掻きまわすような動かし方にすると女性を気持ちよくさせられ、男性も気持ちよくなるコツです。

    刺激を求めるならこれ!「屈曲位」


    屈曲位はあまり耳慣れない名前ですが、正常位のように女性が寝ころんだ姿勢。ただ、正常位と大きく異なるのが、屈曲位では女性の足が大きく開かれ、腰がベッドから浮くところです。足と腰が浮くことで身体に角度が付き、正常位よりも深い挿入になります。

    女性の足を男性の肩にかけると、自然に足が開いて腰が浮きますが、女性にとってかなり大胆な姿勢になるので、正常位から徐々にヒートアップさせていきましょう。挿入感が深くなるだけに、ゆっくりと中に入り、ピストン運動も緩やかに行うのがコツ。

    激しく動くと女性が痛みを感じることもあるだけに、女性が快感を感じるポイントを的確に突くような、そんな腰の動かし方を心がけてくださいね。