気持ちいい寝バックのやり方とコツ!女性をイかせるテクニックも伝授

  • 気持ちいい寝バックをするコツ

    実際に寝バックを試してみたくなってきたでしょうか。それでは、気持ちいい寝バックをするためのコツについてもご紹介していきましょう。

    ポイントを押さえておけば、きっとプレイも盛り上がるはずですよ!

    愛撫でよく濡らしておく


    どんな体位でも共通して言えることなのですが、挿入前にはしっかりと愛撫をして女性の局部をよく濡らしておくことが大切です。濡れていないと挿入がうまくいかず、痛みを感じてしまい楽しくセックスができません。

    基本中の基本ですが、手マンやクンニで充分に濡らしておくことが挿入前の必須ポイントです。また、キスや言葉攻めも女性の気分を盛り上げて濡れやすくなります。女性は体の刺激以上にシチュエーションを重視する傾向があるので、そこを抜かりなく行えるのが肝と言っても過言ではありません。

    挿入の角度は30度


    彼女を濡れ濡れの状態にできたら、いざ挿入です。挿入時の角度は30度くらいで挿れるとうまくいきやすいでしょう。

    焦ってアナルに入ってしまわないよう、挿入はゆっくり行います。急に挿入すると女性も痛い可能性があるので、時間をかけて構いません。むしろ焦らされているようで興奮度が増すはずです。

    女性の足を開いて挿入する


    挿入時ですが、女性の足を閉じたままだとうまく入らない可能性が高いので、足は開いてから挿入しましょう。大きく開きすぎず、30度から45度程度開いてもらえれば大丈夫です。

    挿入してしばらくピストンを楽しんだら、女性の足を閉じると膣が締まってさらに快楽度が増します。女性もGスポットを刺激されるので中イキしやすいはずですよ。

    クッションや布団を利用する


    挿入がうまくいかない場合は、クッションや布団を女性のおなかの下に入れて腰を少し浮かせると挿れやすくなります。

    また、無理をせずにお尻が上がるので、女性の体勢も楽です。ペニスの長さによってはポルチオ性感帯を刺激しやすくなるので、より深く快楽を味わうこともできるでしょう。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)