気持ちいい寝バックのやり方とコツ!女性をイかせるテクニックも伝授

  • 寝バックの種類とやり方

    実は寝バックにも種類があり、それぞれに特徴があります。まずは基本の寝バックから試してみるのがおすすめです。

    やり方をマスターして、さまざまな寝バックにチャレンジしてみましょう!

    基本の寝バック


    まずは基本の寝バックについてご説明しましょう。寝バックの基本的なスタイルは、うつぶせ寝になった女性の背中に男性が覆いかぶさり、男女が平行になって挿入します。

    基本の寝バックでは体が密着しているので、お互いの体温を感じられて女性は幸福感を得やすいようです。また、身動きが取れないので強引に攻められている感じが興奮するという女性の意見もあります。

    挿入の際は、男性は女性に体重をかけすぎないように注意しましょう。手やヒザに体重を分散させるのがおすすめです。

    腰を浮かせた寝バック


    基本の寝バックの状態から、女性の腰を浮かせた寝バックというのもあります。女性がうつ伏せ寝の状態から膝を付き、腰を上げた状態で挿入する体位です。

    腰を浮かせた寝バックでは、ペニスがより深く挿入されるので男女共に快楽度が増します。男性は寝バックでのフィニッシュ時に行うのがおすすめです。

    女性は腰に負担がかかりやすいので、腰の下にクッションや毛布を入れると負担が軽減されます。

    上体を起こした寝バック


    ペニスを浅く挿入したい場合は、上体を起こした寝バックがおすすめ。基本の寝バックの状態から男性が腕を立て、上半身を起こして挿入します。

    基本の寝バック中、まだイキたくないのにイキそうになってしまった時は、上体を起こすと射精を防ぐことができるのです。早漏の男性には特に嬉しい体位ですね。

    横寝バック


    男女とも横になった状態で挿入する、「横寝バック」と呼ばれる体位もあります。これは背面側位の通称なのですが、密着しながら通常の寝バック以上に男性の手が自由に動かしやすいのが魅力です。

    やり方は横に寝た状態からスタートしても良いのですが、横からの挿入は難しいため、基本の寝バックで挿入してから横になるのをおすすめします。

    少し腰を動かしにくいのが難点ですが、そのぶん手が動くのでクリトリスや乳首を攻めやすいのが利点です。プレイの中盤、女性にたっぷり愛情を注ぐために行うのが良いでしょう。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)