気持ちいい寝バックのやり方とコツ!女性をイかせるテクニックも伝授

女性が楽な体勢でイキやすく、早漏男性にもおすすめの体位…それが「寝バック」。密かに最強の体位とも囁かれる寝バックを、気持ちよく行えるやり方やコツをご紹介します。あなたも寝バックマスターを目指しましょう!男女のリアルな経験談も必見です。

  • そもそも「寝バック」とは?

    セックスにはさまざまな体位がありますが、寝バックと呼ばれる体位を知っていますか?

    寝バックはバックの一種ですが、普通の四つん這いのバックとは一味違い、女性にも男性にも嬉しいメリットが多い体位だと言われています。

    今回はそんな「寝バック」の魅力について、詳しく迫っていきましょう!

    寝バックとは


    寝バックとは、うつ伏せになった女性の背後から男性がペニスを挿入する形の体位です。女性は四つん這いのバックのようにヒザを曲げず、足を伸ばした状態が基本のスタイルになります。

    女性は足を伸ばしているので下半身に力が入りやすく、また挿入の角度的にGスポットを刺激されやすいので、イキやすい体位だとも言われています。

    48手の敷き小股


    セックスの体位の種類を表す「48手 (しじゅうはちて)」をご存じでしょうか。江戸時代に相撲の四十八手にあやかって名付けられたと言われていて、「江戸四十八手」とも呼ばれています。

    48手という数のとおり、48種類の体位があるのですが、実は「表」と「裏」があり、合わせて「九十六手」とも言われているそうです。近年ではそれ以上の種類があるとして「百手」だとも言われています。

    さて、実は寝バックも48手に含まれるのですが、一般的に知られている表の48手ではなく、「裏48手」の中で「敷き小股 (しきこまた) 」として存在しています。寝バックも古くから親しまれていた体位のひとつなのですね。

    寝バックは早漏男性におすすめ?


    寝バックは女性がイキやすい体位だと先述しましたが、実は男性は長持ちしやすい体位で、早漏気味の男性におすすめの体位でもあります。

    四つん這いのバックに比べ、寝バックは挿入が浅くなりやすいので、ほどよく刺激が抑えられるのです。

    また、女性は男性に馬乗りになられていて身動きが取れないため、男性がセックスの主導権を握ることができ、動きを止めて射精をコントロールしやすくなります。

    女性にも男性にも嬉しいというのは、このような点から言えるのですね。