「女の子の日」ってなに?前兆&見分け方と女性がされて嬉しいこと

「女の子の日」が何を意味するのかを知っていますか。聞いたことはあっても、具体的にどのようなものか知らないという男性も多いのではありませんか?男性にとっては未知の世界かもしれません。今回はそんな「女の子の日」について、女性の心理や前兆、見分け方についてご紹介します。

  • そもそも「女の子の日」とは?

    女性にとっては「女の子の日」は身近なものですし、意味やどのようなものかもわかります。男性が「女の子の日」と初めて聞くと、それ自体が何を意味するのかわからないかもしれません。まずは、女の子の日とはどのようなものなのかをご紹介していきます。

    「女の子の日」は月経の隠語


    女の子の日は、月経(生理)の隠語として使われています。女性だけの会話では「生理が来ちゃった」という感じで「月経」や「生理」という言葉を使いますが、男性の前ではその言葉を出すのが恥ずかしいという女性も。

    男性からしても、月経や生理という言葉が飛び交ったら反応に困るかもしれませんね。それに、女性であっても生理や月経という言葉を生々しく感じる人もいます。そういったことから、「女の子の日」という隠語が使われるのです。

    月経には他にも別名がある


    月経には、「女の子の日」以外にも別の言い方があります。時代劇などで「月のもの」という言葉を聞いたことはありませんか。これも月経のことですね。

    個人差はありますが、生理の周期は28日なのでほぼ毎月のことです。そのため「月のもの」や「お月様」という呼び方をすることがあるのです。

    他にも「レディースディ」や「アンネの日」という呼び名も。生理が不規則な女性の場合は突然くることもあるので、「ペリー来航」なんていうユニークな別名もあります。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)