処女と結婚したい男性は多い?処女と結婚するメリット&デメリット

  • 処女と結婚した男性の体験談

    処女の女性との結婚に満足できるかどうかは、本人同士の相性によっても変わります。

    ここからは、処女の女性と結婚した男性の体験談をご紹介していきます。ぜひいろいろな人の意見を見て、結婚相手としてふさわしい女性のイメージを固めていってください。

    処女と童貞の組み合わせで大変すぎる


    「自分が童貞、彼女が処女のまま結婚したのですが、お互いセックスのやり方が分からず、いまだに戸惑っています。僕はもっと二人でセックスを楽しみたいのですが、妻は手探りのセックスに疲れてしまったみたいで、誘うのもなかなか難しいです」(男性/32歳/公務員)

    処女と童貞の組み合わせだと、戸惑いながらセックスをすることになるので、お互い負担が大きくなってしまいます。セックスのやり方を探るうちに、どちらかがエッチに飽きてしまい、険悪な仲になる可能性も。

    処女と童貞で結婚を考えるときは、交際の段階でセックスが楽しめるかどうかを試してみた方が良いでしょう。

    恋愛経験が少ないせいか少し世間知らずな妻


    「妻は結婚するまで処女だったのですが、あまりに無知なところが多く戸惑っています。セックスのことだけでなく、全体的に世間知らずなところがあり、家計を任せるのも心配です」(男性/29歳/会社員)

    全員ではありませんが、恋愛経験の少ない女性には少し世間知らずなところがあり、戸惑ってしまう男性は少なくありません。

    セックスのことだけを知らないのなら良いのですが、処女の女性は恋愛経験が浅いあまり、人を疑いもせずナンパに引っかかったり、男性からの誘いを警戒せずに受け入れてしまうケースもあるでしょう。

    堅実な妻と結婚しますます好きになった


    「妻が結婚まで処女ということで、何か問題があるのではと不安になっていました。しかし心に決めた人としかセックスしたくない、という堅実な女性だったことが分かり、出会った時よりますます好きになりました」(男性/32歳/自営業)

    自分の意思で処女を守り続けてきた女性は、貞操観念が強く堅実です。真面目な女性は浮気や不倫の心配が少ないので、安心した結婚生活を送れるでしょう。

    また、「大切な人とだけセックスしたい」という女性は、心に決めた男性に尽くす傾向がありますので、妻の愛情を感じながら幸せな毎日を過ごせるはずです。

    処女かどうかは結婚生活に影響しない


    「処女の女性と結婚しましたが、相手が処女かどうかは結婚生活と関係なかったです。セックスにもすぐに慣れたようで、処女だからと言って困ったことはありませんでした」(男性/35歳/営業)

    処女と結婚してみたものの、相手が処女かどうかは結局関係なかったという人もいます。過去は関係なく、お互い相性が良ければ楽しい結婚生活を送ることができます。

    処女かどうかでその後の結婚生活がすべて決まるわけではないので、結婚相手に迷ったら、処女かどうかをいったん忘れて決めるのも結婚への近道なのかもしれません。