処女と結婚したい男性は多い?処女と結婚するメリット&デメリット

  • 処女にこだわる男性は結婚できない?その理由とは

    処女の清らかで純粋なイメージに憧れて結婚を目指す男性は多いです。しかし、彼女や結婚相手が処女であることにこだわる男性は、理想の結婚を実現させにくいと言えます。

    ここからは、処女を狙う男性が結婚しにくい理由を解説していきます。「処女と結婚したい」と考えている男性は婚活前にぜひチェックしてください。

    結婚適齢期まで処女の女性は少ない


    処女の女性は、年齢とともに減っていきます。そのため、結婚適齢期とされる25〜35歳くらいまで処女を守り続ける女性は、非常に少ないと言えるでしょう。

    学校を卒業して間もない18〜23歳くらいの女性であれば、処女の人も多いでしょう。しかしそれ以降の年齢だと、処女の女性は徐々に減っていくでしょう。消極的な女性でさえも、結婚を意識して出会いを求める年齢です。

    結婚相手としてある程度年齢を重ねた大人の女性を選びたいなら、処女にこだわらない方が出会いの確率が上がるでしょう。

    処女以外の条件にもこだわっている


    「どうしても処女と結婚したい」と考えている男性は、処女であること以外にも、女性にさまざまな条件を付けている傾向が見られます。

    「一度も男性と付き合ったことがない」「家事ができる」「趣味にお金を使わない」など、条件が多ければ多いほど結婚は遠のきます。

    特に処女を求める男性は保守的な人が多いので、結婚相手となる女性が世慣れしているのを嫌がります。しかし実際には、家事ができて真面目な良妻賢母タイプの女性はかなり減っているので、処女以外の条件にこだわれば結婚は難しいでしょう。

    処女好きの男性は女性に引かれやすい


    処女が好きな男性に対して、多くの女性は良いイメージを持ちません。

    処女好きな男性は女性を支配したいと考えているのでモラハラ夫になりやすく、女性の意見を尊重してくれない、という説を信じている女性は非常に多いです。そのため処女好きと言っただけで、女性から引かれることもあります。

    特に若い世代では男性も女性も関係なく、お互いを尊重できる結婚生活が理想とされています。処女好きな男性は古風な価値観を持っていると思われやすいので、現代的な女性からは避けられてしまうケースも少なくないでしょう。

    女性は経験豊富な男性を求めるケースが多い


    女性は男性と異なり、ある程度恋愛の経験のある男性を好む傾向があります。

    女性経験が全くない男性より、経験のある男性の方が恋愛慣れしているため、デートでも会話でもスマートな印象を与えやすいのです。

    そのため処女の女性の多くは、同じく性経験のない男性を選ばず、経験豊富な「モテる男」に惹かれてしまう可能性が高いです。

    実際に、処女の方が「恋愛では男性にエスコートして欲しい」と高い理想を抱いているケースも少なくありません。処女の女性を好きになって、経験豊富なモテる男性と勝負することになった場合、結婚までたどり着くには険しい道のりになるでしょう。

    処女の女性は恋愛に積極的ではない


    処女の女性はそもそも恋愛に積極的ではない人が多いので、婚活・恋活の場で出会うのは難しいです。

    「恋愛に興味はあったけれど、たまたま男性と付き合うチャンスがなかった」という理由で処女である女性も少なからずいますが、恋愛や結婚に興味がなく、処女を貫いているという女性が圧倒的に多いです。

    そのため処女っぽい女性を誘っても、断られたり適当にあしらわれたりする可能性が高いです。処女の女性と出会い、結婚するには時間がかかると考えておいた方が良いでしょう。