イケメンの意味と定義を徹底解説!かっこいい人を目指す方法も紹介

  • イケメンの定義《外見編》

    次に注目をしていくのが、外見にまつわるイケメンの定義です。顔以外にも注目をすることが、イケメンに近づく第一歩。たとえ顔がイケメンだったとしても、それ以外の外見がイケメンじゃないと「顔だけがイケメンな人」という印象を与えることになります。

    イケメンは外見全般的にどんな要素や特徴を持っているのか、早速その定義を見ていきましょう。

    清潔感がある


    基本中の基本ですが、イケメンは清潔感があります。この清潔感という要素が欠けてしまえば、どんなに見た目がかっこいい人だったとしてもイケメンとして見られるのは難しいと言えます。

    一般的に大半の人は清潔感がある人に好感を持つのが事実です。清潔感があるというだけでかなり良い印象は持たれるため、イケメンになりたいならば最低限の清潔感は必ず身につけておきましょう。

    毎日お風呂に入ることはもちろんですが、髪がベタつかないように意識したり、皮脂ケアを徹底したりして、とにかく不潔な印象は払拭していきます。また、服もシワやシミがあれば一気に不潔判定される要素です。身につける衣服も清潔感があるものを意識して、不潔とは無縁の見た目を手に入れていきましょう。

    ほどよくおしゃれ


    おしゃれに関する定義は人の価値観や好みに直結するため、100%これがおしゃれな服装です、という例はありません。しかし、イケメンの場合は誰からみても「おしゃれだな」と感じられるもの。これってとても不思議ですよね。

    もちろん顔立ちや清潔感なども関係してきますが、イケメンは「ほどよくおしゃれ」を楽しんでいます。個性的すぎず、無難なコーディネイトをベースに、流行や自分の好みを反映させたおしゃれを楽しんでいるのですね。

    ファッションやおしゃれは追求していくとキリがなく、正解がわからないものです。そのため、イケメンな服装を意識したいならば、「清潔感」「万人受けする無難さ」を中心に考えていきましょう。その上で雑誌やアパレルショップなどのマネキンを参考にして、「何を取り入れたらおしゃれになるのか」を考えてみるのがおすすめです。

    姿勢が良い


    イケメンは姿勢が良いという特徴があります。背筋が伸びていて胸を張っている人は、どこか明るく元気な印象を受けるでしょう。好印象にも繋がりやすく、顔立ちやファッションなども何割増しか魅力的に感じられるものです。

    そういった効果もあるため、イケメンになるためには姿勢にも気を配りましょう。特に普段猫背気味の人は、姿勢の悪さが原因で自分の魅力が損なわれている可能性大。それはとてももったいないことですよね。

    どんなに努力をしたところで姿勢が悪いと印象や魅力など、イケメン度は減ってしまいます。日頃から姿勢を正すことを意識して、堂々とした明るい雰囲気を身に着けていきましょう。

    髪型が垢抜けている


    髪型ひとつで人の印象は大きく変わるため、イケメンになるためには髪型を変えてみるのが良いでしょう。特にイケメンの髪型は垢抜けていてとてもおしゃれですよね。

    人によって似合う髪型や髪色は異なるもので、イケメンの多くは「自分にはどのような髪型や髪色が似合うのか」ということを熟知しています。自分を最大限魅力的に見せる髪型を知っているからこそ、顔や見た目の良さがよりよく見えるというのですね。

    垢抜けた髪型にするために手っ取り早いのは美容院に行くことでしょう。行き慣れない人にとってはハードルの高さを感じられるものかもしれませんが、メンズに人気の美容院なら同じような悩みを抱えて来店している人が多いため、勇気を出して行ってみる価値は十分にあります。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)