イケメンの意味と定義を徹底解説!かっこいい人を目指す方法も紹介

イケメン=顔がかっこいい人だと思っていませんか?実はイケメンは、顔がかっこいいだけではないんです!イケメンの定義を理解し、実践できることがイケメンの条件。それさえできれば、誰にだってイケメンになれる可能性があります。今回はそんなイケメンの定義に迫っていきます!

  • イケメンの定義を理解すればモテる

    「イケメンって羨ましいな」と思ったことがある人もいるでしょう。女性に限らず老若男女問わずから好かれ、頼られるイケメンは非常に憧れの存在です。

    そんなイケメンについて考える時、「生まれつき顔がイケメンな奴って良いよな」なんて考えてはいませんか?たしかに、イケメンは顔が良いと言えます。しかし、顔が良ければ問答無用でイケメンとして見なされるわけではありません。イケメンな顔をつくるためには、ただならぬ努力が必要となのです。

    つまり、顔に自信がなかったとしても努力次第ではイケメンとして注目される可能性は誰にでもあると言えます。イケメンとは…その定義を理解すれば、女性を中心に多くの人からモテるようになるでしょう。

    イケメンの意味とは


    そもそもイケメンとはどういう意味なのか、考えたことはありますか?イケメンと聞くと、顔がかっこいいということばかりを意識してしまうものですよね。

    イケメンというのは、【イケてるメンズ】を略した言葉です。ここで使われている【イケてる】は、「おしゃれ」「かっこいい」「魅力的」という意味を持ちます。おしゃれに関して言えば見た目に関することですが、かっこいい、魅力的などの言葉は必ずしも見た目だけに関係しているわけではありません。

    冒頭でも触れた通り、見た目だけがかっこよくてもイケメンとして見られるのは難しいと言えます。おしゃれという要素はともかくとして、かっこいいや魅力的というのは「心身ともにかっこよく魅力的」であるということ。つまりイケメンとは、見た目も内面もイケてる男性のことを指す言葉なのです。

    イケメンとハンサムの違いとは


    イケメンの類義語として、ハンサムの意味も気になりますよね。どちらもかっこいい男性をイメージさせるため、具体的な違いとは?と疑問に思う人もいるでしょう。

    細かい定義は人それぞれ異なりますが、一般的にハンサムはイケメンよりも上位互換だと考えてください。特にハンサムは「顔立ちがハッキリしていてかっこいい」という、見た目が特に魅力的な人のことを指します。

    つまり、人によってはイケメンの定義だと思っていたものが、実はハンサムの定義だった…ということもありえそうですね。ハンサムも内面が魅力的であるという定義はありますが、とにかく見た目が魅力的だということがイケメンとの違いであり、ハンサムの定義だと言えます。