【こんにゃくオナニーのやり方レッスン】気持ちよくするコツも伝授!

手でするオナニーは、マンネリ化しがち。男性がオナホの虜になるのは、手では得られない快感があるからですが、コスパを考えるとためらうところでもあります。そこで、簡単に手に入って気持ちいい、こんにゃくオナニーのレッスン方法を伝授!女性もぜひ試してみてくださいね。

  • そもそも「こんにゃくオナニー」ってなに?

    オナニーをすることには、さまざまなメリットがあることが研究でわかっています。男性の場合は、性欲を処理することですっきりした気分になれるのが最大のメリット。女性の場合は、女性ホルモンの分泌が盛んになり、きれいになるとまで言われていますので、しないのはもったいないです。

    中でもオナ男子に人気なのが、こんにゃくオナニーです。読んで字のごとく、こんにゃくを用いる方法ですが、実は女性も気持ちよくなれる方法でもあります。

    そこで、さまざまな疑問の答えを探りつつ、男性向けと女性向けにわけてご紹介します。

    こんにゃくを使っておこなうこんにゃくオナニーとは


    オナニーは自分だけの秘め事とあって、男女それぞれで異なる方法で楽しんでいることでしょう。人によって、気持ちいいと感じるやり方が違うとあって、非常に奥の深い行為です。

    かつては大人のおもちゃと呼ばれたアイテムは、最近では女性向けにラブグッズという呼び方がされ、おしゃれなものが多く人気があります。ローションを用いる方法はおなじみです。

    そんないろいろな方法の一つに、こんにゃくを使うやり方があります。とはいえ、こんにゃくで気持ちよくなれるの?と驚く人もいるかもしれません。

    よくわからないながらも実際に使えるとなれば、一度は試してみたくなるもの。あの弾力を考えると、かなりイマジネーションが湧いてきますよね。

    始まりは江戸時代?日本のオナホの元祖


    男性がオナニーをするときは、自分の手を使うのがほとんど。けれど、いつも自分の手でしていると、正直なところマンネリ化してきますよね。そこで、次なる段階へと進みます。そう、オナホの活用です。

    オナホとは、女性器をイメージして作られたもの。柔らかさや引き締め感までさまざまです。女性の名器として知られる数の子天井やミミズ千匹、蛸壺など種類も豊富なだけに、一度使うと病みつきになって自分の手には戻れないといわれるほどです。

    そんなオナホの元祖が、実はこんにゃく。男性が女性の性器に似た感触を味わうために、江戸時代にすでに用いられていたことがわかっているんだとか。日本ならではの食材を使った、日本のオナホなのです。

    知りたい!こんにゃくオナニーは手軽で気持ちいい?


    江戸時代から、女性器の代わりとして男性たちに用いられてきたとなれば、試さないわけにはいかないと考える男性も多いそう。いつの時代も、より気持ちいい方法でしたいというのが男性の本音だけに、先人が発案した方法を実践してみるのもおすすめです。

    江戸時代は泰平の世の中だったこともあって、性に関しても比較的オープンな時代でした。春画を始め、言い得て妙な名前が付いた男女の体位が考え出されたことは、よく知られていますよね。

    現代のようなオナホが多数あったわけではないだけに、江戸時代の男性が愛用したと考えると、気持ちいいのは間違いなさそう。しかも安価で手に入るとあって、まさに手軽で身近なオナホと言えます。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)