わがままな彼女の特徴とは?男性の本音と上手な対処法も一挙紹介!

  • わがままな彼女に対する男性の本音

    わがままな彼女を持った男性は、実際のところどう感じているのでしょうか。彼女のわがままの度合いや、彼氏の許容量によっても、その感じ方が違うはず。わがままの種類によっても、許せるものとそうでないものがあるでしょう。

    わがままな彼女に対して、「面と向かっては言いにくいけど、実はこう感じている」。そんな男性の本音をみていきましょう。

    女の子のわがままは可愛い


    「わがままだってわかっていても、なんだかんだで結局おねだりを聞いてしまう。上目遣いで甘えられると弱い」(26歳/男性/アパレル)

    「ぴったりくっつかれて『お願い』なんてわがままを言われたら、少しくらいは妥協しちゃう。自分のことは後回しでいいと思うくらいに可愛い」(28歳/男性/美容師)

    いくらわがままを言われても、結局そのおねだりする姿が可愛いと感じる男性もいるでしょう。そう思えるのは、彼女が上手なおねだりの仕方を心得ているから。男性側に負荷がかかり過ぎなければ、わがままは可愛いもの。ましてや、好きな人なのですから、「頼られている」「俺じゃなきゃだめなんだ」と一生懸
    命応える気になります。

    度を超えたわがままは無理!


    「自分の都合しか考えないわがままにうんざり、こっちの予定を伝えても知らん顔で、平気でわがままを言う彼女に呆れる時がある」(24歳/男性/フリーター)

    「応えられる範囲でなら応えるけど、あまりにも度が過ぎるわがままは無理。一気に気持ちが引いてしまう」(25歳/男性/フリーター)

    あまりにも度を超えたわがままには付き合い切れない。そんな男性は、実のところ多くいるはずです。彼女のために、全てを費やすことなんて出来ないですよね。「彼女の気持ちに応えたい」「こっちの都合も考えてくれ」…二つの思いがぶつかり、大きなストレスとなっていきます。結果的に、「無理」と感じてしまうのです。

    空気を読んだわがままなら愛しい


    「仕事でミスをして落ち込んでたけど、お店を予約してたからなんとか元気を出して行こうとしたところ、彼女は『行きたくない』と。僕の気持ちを察して、家でまったり過ごしたいというわがままが愛しかった」(27歳/男性/営業職)

    「デートプランを変更して『どうしても行きたい場所がある』と、一歩も引かない彼女についていったら、自分がずっと行きたかった場所。実は自分の誕生日でもあったから、驚きと愛しい気持ちが一気にきた」(30歳/男性/不動産関係)

    せっかくの約束や予定をキャンセルされると、全ての予定が狂ってしまいますよね。そんな時のわがままはイラっとしやすいものですが、空気を読めた彼女のわがままはサプライズであることも。言い出し方はわがままでも、本当は自分が愛されていると知った時に、愛しい気持ちも爆発するようです。

    わがままをわがままと思っていない事に引く


    「『わがまま言わないでよ』とやんわり言ったら、『わがままなんて言ってないし』と自分のわがままに気付いてない時点で引いた」(26歳/男性/フリーター)

    「わがままをわがままと思わず、彼女として当然の権利のように考えている。呆れを通り越して引くし、付き合い切れないと感じた」(25歳/男性/アパレル)

    彼氏からすればわがままでも、彼女には自覚がない場合も。謙虚な気持ちがあれば、男性側も理解しようという気持ちを抱けますが、そうでないと図々しい彼女に成り下がってしまいます。男性側からしたら、一気に気持ちが引いてしまう要因なのです。

  • 彼女のわがままエピソード集!

    「わがままな彼女に振り回されて大変」。そう感じる男性が、実際に体験したエピソード集をまとめていきます。

    甘えることが多い彼女に、もやもやしているのであれば、実は無意識に「わがまま」だと感じているのかも知れません。

    わがままな彼女を持つ男性が、どんな振り回され方をしているのか、みていきましょう。

    夜中に急に「会いたい」と言い出して…


    「遅くまで残業して、やっと帰宅したところで『会いたい』とLINE。『今日は無理、ごめん』と返した瞬間電話の嵐。勘弁してくれと思った」(32歳/男性/会社員)

    「深夜に『会いたい』と電話が。常識的にもありえない時間だし、なだめようとしても聞かず。結局着替えてタクシーで向かいました」(30歳/男性/技術職)

    相手の都合も考えないで、自分の願望ばかりを並べるだけでも困るのに、それが夜中となれば尚更です。彼女に何かあった場合は別として、ただ「会いたい」だけでは男性側も迷惑に感じてしまいます。

    仕事中にもしつこく連絡する彼女にうんざり


    「仕事中だってわかってる時間に『何してるの?』とメッセージ。昼休みに返そうと放置
    していたら『なんで返事くれないの?』と追加メッセージ。スマホの電源切ろうかと思った」(26歳/男性/営業職)

    「基本的に仕事中にプライベートなスマホ使用は禁止。彼女にも伝えてあるのに、お構いなしに業務中にデスクで震え続ける電話。『俺言ったよね?』と、ついキレそうになった」(28歳/男性/医療職)

    男性でも女性でも、職務中は仕事に集中するべきですし、自由にスマホに触れないのは当然。彼氏が前もって、「仕事中は返せない」と言っているのにも関わらず、自分の都合だけでしつこく連絡する彼女は嫌われる可能性も。

    コロコロ変わる気分でデートが台無し


    「『映画に行きたい』というから映画のチケットを用意、土壇場で『やっぱりそんな気分じゃないね』とショッピングに変更。さらには『やっぱり映画いきたかったな』と…その瞬間帰りたくなった」(30歳/男性/会社員)

    「人気のあるバーにやっと入れたと喜んでいたら『私お酒飲みたい気分じゃない』と言い出す始末。きちんとバーに行くって話をしたはずなのに、めちゃくちゃ恥をかいた」(29歳/男性/自営業)

    デートは二人でするもの。彼氏も彼女を喜ばせた上で、自分も楽しみたいと感じているので、準備には余念がないでしょう。なのに、いきなり予定を変えて振り回したり、場の空気を読まない発言をする彼女には、疲れてしまうようです。

    人の都合も考えない「呼び出し」コール


    「友達と旅行に行くって事前に言ってあったけど、出発してから『どうしても会いたいから帰ってきて』コール。それは出来ないことを伝えても電話はなりやまず。友達にも迷惑をかけてしまった」(23歳/男性/フリーター)

    「足を怪我してしまって、暫くの松葉づえ生活。それでもお構いなしに『会いたい、今すぐ来て』コール。『いやいや、怪我してるから』と言えば『タクシー使えばいいじゃん』。正直別れたいと思った」(27歳/男性/インストラクター)

    彼氏がどんな状況にあっても、自分の都合が最優先で、自分の欲求を我慢出来ないわがまま彼女。あまりにも相手の都合を考えない発言は、単なる身勝手なものでしかありません。彼氏は勿論のこと、周囲の人まで巻き込んでしまい、彼氏からすれば頭が痛い問題です。