わがままな彼女の特徴とは?男性の本音と上手な対処法も一挙紹介!

  • わがままな彼女の特徴《行動編》

    わがままな彼女の行動に振り回される彼氏も、そう珍しくありません。もちろん、自分の意見をきっぱり言える彼氏であれば、彼女のわがままに頭を抱えることもないでしょう。それでも、ついつい従ってしまうのは、なんだかんだで彼女のことが好きだから。

    例えば、どんな行動に振り回されるのでしょうか。わがままな彼女によく見られるパターンを挙げていきます。

    意見が食い違っても引かない


    食事の相談、デートプラン、何の映画を観るか…二人の意見を必要とする場でも、わがままな彼女は一歩も引き下がろうとしません。とにかく、自分の願望が通ることが先決なのです。

    そして、不満を持ちながらも彼女に従ってしまうことも、彼女のわがままを助長させることに。二人で楽しむことは二人で決めるもの、そういった意識を念頭に置く必要があります。妥協案を提示することが出来れば、彼女も譲歩しやすくなるはずです。

    常に一緒にいたがる


    わがままな彼女は、どんなところにも一緒についていこうとします。「今日は男友だちで集まるから」と言っても、「私も行きたい、私のことは気にしないで楽しんでいいから」と言って平気でついてくるようになるでしょう。「こっちは気にしてしまう」と思っても、お構いなし。

    友達の輪に入り、一緒に楽しみたいわけではなく、ただ単純に彼氏といたいという気持ちによるものです。友達の集まりに連れていったとしても、普段通りに恋人としての振る舞いを続けるでしょう。場の空気が読めない特徴は、こういった場面でも反映されるのです。

    意見をコロコロと変える


    気分屋が行動に反映すると、行動に伴う意見をコロコロと変えるようになります。「次のデートは映画」と約束しても、当日になれば「映画よりショッピングの気分」と平気で予定を変えてしまいます。チケットまで用意した彼氏からすれば、「なんなの?」という状況でしょう。

    わがままな彼女が、約束をどうでもいいと思っているわけではないのですが、彼氏への配慮が足りないとも言えます。「自分が楽しければ彼氏も楽しいはず」と、心のどこかで思ってしまっているので、平気で意見をコロコロと変えることが出来てしまうようです。

    思い立ったらすぐ行動


    どんな時間でも、どんな状況でも、わがままな彼女は思い立ったらすぐ行動に移します。二人で家でまったりしていても、「外に出たい」と思えばすぐに外出の準備を始めるでしょう。もちろん、そこで彼氏に「外に行きたいんだけど、いい?」なんて確認はとりません。

    他にも、彼氏が「そんなつもりではなかった」という状況でも、自分の思うままに行動しようとするでしょう。その分、彼氏は「振り回されている」と考えるようになるのです。わがままな彼女を持ったら、確実に経験することだと思っておいた方がいいでしょう。

  • わがままな彼女の特徴《連絡編》

    顔が見えないからこそ、何でも言えてしまう電話やメール。これは、顔が見えない分、何を考えているのか計り知れないというデメリットも持ち合わせています。なので、余計に「彼女が何を考えているのか理解出来ない」と思ってしまっても、無理はありません。

    彼女と連絡を取る際に、「わがままだな」と思うのは、どういったところなのでしょう。具体例をご紹介していきます。

    連絡しないと怒る


    仕事や用事を抱えていても、彼女が暇を持て余していれば「なんで連絡してくれないの?」と怒るでしょう。そこに、彼氏の都合を考えるという発想はありません。「今ゆっくり話せないから」と言っても「なんで?何してるの?」と引き下がらないのです。

    そのわりに、自分が忙しい時に、返事を催促するような連絡は鬱陶しく感じてしまうようです。「こっちの都合も考えてくれる?」と平気で言えてしまうから困ったもの。こう言った面はわがままよりタチが悪い、自己中心的な人として捉えられてしまうでしょう。

    すぐ自分の話にすり替える


    彼氏が「ちょっと聞いてよ」と自分の話をしても、どこかのタイミングで自分の話にすり替えます。中には、彼氏の話は一切スルーして、自分の話を始めてしまう人も。これはわがままな彼女の「自分の話がしたい」という願望によるものです。

    わがままな彼女は、相手の話を聞きたくないわけではなく、相手の話より自分の話が重要と考えているだけ。しかし、悪気はないと言っても、人の話を遮ってまで自分の話をすることが続けば、徐々に相手も対話を避けるようになってしまうでしょう。

    自分からの連絡は気分次第


    自分の都合を優先している分、わがままな彼女は自分からの連絡は気分次第。彼氏が「何してるの?」なんてメッセージを送っても、気分が乗らなければ平気で既読スルーをすることも。自分が逆の立場なら怒るところですが、何故か自分のことは棚に上げてしまえるのです。

    わがままな彼女は、束縛めいたものを煙たがる気質でもあります。束縛とは、自分の意思や自由が拘束されてしまうこと。「気分じゃないから連絡しない」という意思も、自分の自由の主張の一つなのです。しかしやはり、その意思を貫くのであれば、お互い様の強い信頼関係が必要となります。

    ストレートな愛情表現


    わがままな彼女は、一見身勝手のように思えますが、可愛いと感じる部分もあるでしょう。それは、ストレートな愛情表現が出来るということ。「大好きだよ」「いつも〇〇くんのこと考えてる」など、思わずキュンとしてしまうメッセージが飛び出ることも。

    しかし、場の空気を読めないと、「今そんな話してないよね?」と彼氏の気持ちを逆撫でする原因にもなります。ストレートさだけでなく、わがままも場面や状況次第で、可愛いと感じるのかそうでないのか、大きく変わってくるでしょう。