自作オナホの作り方まとめ!手作りできる電動オナホや固定方法も紹介

あなたはオナホを使ったことがありますか?オナホを使うことで、手でしごくのとはまた違った快感を得ることができます。ですが、家族バレが心配になったり、購入するのに意外とお金もかかってしまいます。そんな時には、オナホを自作してしまうのがおすすめ!そこで今回は、自作オナホの種類や作り方などをご紹介します。

  • オナホが手軽に自作できるって本当?

    男性なら、誰でも一度はオナホを使ってオナニーをしてみたいと思ったことがあるでしょう。ですが、オナホを購入するのが恥ずかしい、家族バレが心配ということで、躊躇してしまっている男性も多いのでは?そんな時には、自分でオナホを作ってしまうのがおすすめです!

    オナホは簡単に自作できる


    一般的なオナホは、女性器のような形状をしていて、挿入した男性器を程よく締め付けてくれるアダルトグッズですよね。すでにオナホを愛用している男性も多いでしょうし、まだ試したことはないけどいつかはオナホを試してみたいと思っている男性もいるでしょう。

    ですが、オナホを購入しようと思っても、「購入するのが恥ずかしい」「オナホが高くて手が出せない」ということで、購入するのを躊躇してしまっている男性も多いのではないでしょうか。

    実は市販のオナホでなくても、男性器が挿入できて程よく男性器を締め付けることができれば、十分気持ち良くなることができるのです。

    ちなみに自作オナホは、スーパーや100円ショップなどで手に入る身近なものを使って簡単に作ることができます。ですから、初めてオナホを自作しようと思っている男性でも気軽に作れるので安心して下さい。

    電動オナホまで手作りできる?


    電動オナホとは、電源を入れるだけで本体が回転したり、振動したり、ピストン運動して、男性器に刺激を与えてくれる物です。実は、身近にあるものを使うことで、電動オナホまで自作することもできちゃいます。

    電源を入れれば腰を動かさなくても気持ち良くなれるので、オナニーしていて腕が疲れることはほとんどありません。また、電動ではないオナホをとはまた違った快感があるので、この記事を読んでオリジナルの電動オナホを自作してみてはいかがでしょうか。
  • オナホに関する男性のあるあるな悩み

    男性なら誰でもオナホを使ったことがあると思ったら大間違い。実は、男性でもオナホを購入したことがない人は意外と大勢います。では、なぜオナホを購入しないのか…?そこには、オナホを購入・所有することに対する色々な悩みが隠されているようです。

    購入するのが恥ずかしい


    オナホはアダルトショップやドンキ・ホーテなどで購入できますが、オナホを購入するのに躊躇してしまう男性も少なくありません。オナホを持ってレジに並んだり、店員さんにオナホを会計してもらうのは確かに恥ずかしいかもしれませんね。

    また、通販サイトでも購入することができますが、宅配の人にオナホを購入したのがバレないか心配になってしまうでしょう。

    処分しづらい


    オナホをしばらく使っていると、故障して使い物にならなくなったり、汚れてしまったりして、処分しなければならない時も訪れるでしょう。しかし、実家暮らしや結婚して奥さんがいる男性の場合、オナホをゴミ箱の中に捨てていると、家族にそれがバレてしまう可能性がありますよね。

    また、生ゴミやプラスチックゴミとは違って、どのように処分すればいいのか分からないという男性も多いのではないでしょうか。したがって、オナホの場合は簡単に処分できないというのもデメリットのひとつであるといえます。

    家族にバレるかもしれない


    実家暮らしや結婚している男性の場合は、オナホを持っているのが家族にバレてしまう可能性もあります。オナホを購入するのが恥ずかしいと感じる男性の場合は、オナホを家族に見られてどう思われるのか不安に思ってしまうことでしょう。

    そのため、家族にバレるのを恐れてしまい、オナホで一度オナニーをしてみたいと思っても、なかなか購入に踏み切ることができないのです。

    質の良いものだと値段が高い


    オナホの値段はピンキリで、安いものなら数百円のものもありますが、それだと本当にオナニーの時に気持ち良くなれるのか不安を感じてしまうことでしょう。逆に、高いものだと数万円かかるものもあります。

    高いものなら当然質も良いですし、オナニーの時に気持ち良くなれることでしょう。ですが、その分金銭的な負担も大きいですよね。また、高いオナホは処分しようと思っても、捨ててしまうのはもったいないと躊躇してしまうこともあるかもしれません。