射精を我慢するための方法!早漏男性に対する女性の本音も大公開

  • 射精を我慢するには「体位」が重要?

    簡単に言えば、あまり気持ち良くない体位を最初の方にすることによって、射精欲求の限界を遅らせます。正常位かバックによってフィニッシュを迎える男性が多いと思いので、基本的にはそれ以外がお勧めです。

    射精を我慢すると同時に、挿入時間が長くなることで女性器も感度を上げていくという相乗効果も。

    体位次第で射精までの時間を引き延ばせる?


    体位次第で射精までの時間を引き伸ばせるかどうかは、はっきり言って「可能」です。

    射精を我慢したいなら、「肉体的にあまり気持ち良くない」体位を考えてみてください。いくつか、一般的な体位をご紹介しますが、ご自身の性癖にドンピシャだというものは、寸止めには利用できないと考えてください。

    後即位


    陰茎の挿入範囲が狭くなりやすい後即位(寝バック)だと、感度を得にくく、陰茎への刺激もあまり強くないです。「男性に抱き締められながら身体を愛撫してもらえる」と女性人気も高い体位なので、彼女が後即位が好きというタイプならば、セックスにも取り入れやすいでしょう。

    正常位(女性上位)


    正常位と言っても、女性が上位になる正常位が有効的です。これは手練手管な女性にやられてしまうと、逆に自分のペースで我慢できないかもしれません。ただ、基本的に女性は腰を動かすことが本能的に備わっていないですから、上手く動けない女性も多いようです。緩やかな動きなら、陰茎への刺激も弱いことでしょう。

    ちなみに、騎乗位とは少し違いますので要注意です。女性上位の正常位は、騎乗位と違って女性も覆いかぶさって寝ている状態です。女性が座っている騎乗位の場合は、陰茎の挿入範囲が深くなってしまうのと、正常位より女性が動きやすいようですので、刺激が強くなりがちなのでは。

    正常位(男性上位)


    男性上位の正常位ですと、女性が下から腰を付き上げてこない場合は自分のペースで行えますね。一番動きやすく、ピストン速度も制限しやすいです。すぐにイきたくなりやすい体位でもありますが、コツがあります。

    正常位で寸止めをする場合は、足をピーンと伸ばさないでおくことが重要です。腰の動きも自由自在ですし、我慢しやすくなります。

    足(膝)の筋肉が伸びて居ると、睾丸や陰茎の筋肉も緊張しやすいです。足を伸ばした状態でのオナニーをしたことが無い方は、ぜひ試してみることをお勧めします。射精しやすくなるようですよ。

    対面座位


    陰茎への刺激が弱い体位だと、対面座位もよく言われますが、こちらは女性の慣れに帰属してしまう体位です。また対面座位は、女性から支持されている体位でもあります。

    そのため、慣れている人はとても感度を上げられます。対面した状態で、動きながら行為中の顔を見せつけられると、興奮するという人も。興奮しやすいタイプの早漏の方は、視覚のエロスを我慢することをおすすめします!

    騎乗位


    こちらも対面座位と同じく、あまり動くことに慣れていない女性が行う場合は有効的です。腰の振り方が分からなくて恥じらう女性を見上げて、視覚を楽しむこともできますね。陰茎への刺激が強くなってしまう角度に入った場合は、下から突き上げないように上手く調整してみるといいかもしれません。

    駅弁


    実際にしたことがある方はあまり多くないでしょうか。駅弁ではイきづらいですよね。女性を落としてはいけないという緊張状態にはなるのですが、その緊張は陰茎ではなく脚や腕にかかります。挿入角度も上手く調整できないものですので、派手なセックスの雰囲気を楽しむ体位となることが多いでしょう。

    あんまり現実的な体位ではないかもしれませんが、駅弁に成功すると女性は喜びますよ。