射精を我慢するための方法!早漏男性に対する女性の本音も大公開

  • 射精を我慢できない早漏に対する女性の本音

    女性から「早いね」と言われたことがありますか?正直、こんなこと言われたらショックですし、もうセックスしてくれないのでは?なんて思いますよね。身体の相性が悪いことを理由に、破局してしまったなんて話も聞きます。

    でも、全ての女性が性に対して貪欲とは限りません。「明日からセックスは控えよう」なんて思わずに、ポジティブにいきましょう。射精をどうしても我慢できないという男性には朗報となる意見もありますよ。

    セックスが物足りない!


    「私の彼氏は、私がオーガズムに達する前に先に射精しちゃうのがつまらないです。早漏ってことですよね。我慢できないみたいです。前の彼氏はそんなことなかったので、どうにか治らないかな~と思ってますけど、本人に治してほしいなんてハッキリ言えません」(29歳/女性/アパレル販売)

    多くの男性にとって、前の男と比べられることほど嫌なものはないでしょう。けれど、この女性は彼に対して「治してほしい」という希望があるのですから、彼は愛されているのではないでしょうか。情け容赦のない女性はハッキリと伝えてきたりしますが、この女性は関係性を変えるつもりはなさそうとも捉えられますね。

    早漏の自覚が無くて幻滅


    「挿入して、奥に届く前にイっちゃった彼氏を見てものすごく萎えました。女性の方が男性より性器の感度が鈍いんだから、高めてくれないと気持ち良くなれない。なのに『よかった?』と聞かれたので、自意識過剰さに引きました。彼氏はお医者様で、すごく好条件だったけど別れました。」(31歳/女性/看護師)

    セックスに好意的である女性は、男性としてもありがたい限りです。そもそも膣内でオーガズムを迎えることのできる女性は比較的少ないようです。

    ですが、この女性のように、いわゆる「中イキ」を希望している女性もいるのが現実なのですね。そうなると、お付き合いする前に過去の恋愛経験を聞いておくのは自衛になるのではないでしょうか。

    それはともかく、幻滅されたくはないですよね。セックス以外は良いのに、なんていう感想を持たれるだけでショックです。

    性行為だけの話じゃない


    「挿入時間が短いことよりも、スキンシップの時間が短くなるのが悲しいです。もっとイチャイチャしたいし、ベッドの上で一緒にいる時間が一番幸せです。繋がってるのが嬉しいのも確かなんですけど、私のためにもうちょっと我慢できないものでしょうか」(25歳/女性/大学院生)

    メンタルがやられる意見ですね。繋がっているのが嬉しいと思っていてくれる女性に対して、期待に応えられないほど悲しいことはないです。

    女性は男性と違い、性欲を全面に出せない部分があります。挿入だけがセックスではないと考えている方も居ますし、セックスへの満足度は挿入時間だけの話ではないのかもしれません。これは前戯や後戯をたっぷりとしてあげることで、対処できる可能性もあります。

    朗報!遅漏よりマシ!?


    「夫は超のつく早漏ですが、ありがたいと思ってます。あんまり長い時間挿入されたら疲れますし、アソコが痛くなります。私の方がしたい気分の時は、前戯をたっぷりしてもらえれば問題ないですし、してくれますから。我慢せずに本番はちゃっちゃと終わってほしいです」(27歳/女性/主婦)

    挿入より前戯の方が好きという女性も多いですよね。この場合、男女の相性がとても良かったのかもしれません。中イキ希望の女性の場合は、なかなかこうはいきませんからね。

    でも「あなたはそれで良いかもしれないが、できることなら挿入時間を長くしたいんだ」と思う男性も多いですから、相性は大事ですね。