オナニーを我慢するメリットとは?オナ禁方法&体験談を大公開!

  • オナニーを我慢するメリットとは?

    先程は、オナニーを我慢すると男性や女性の体にどんな影響が訪れるのかを説明しました。そしてここからは、オナ禁をすると得られるメリットについてさらに詳しくご紹介していきます。

    オナニーはたしかに気持ちの良いものではありますが、その気持ちよさはほんの一瞬。イッた後は虚無感やだるさを感じる人がほとんどではないでしょうか?

    一瞬の快楽を味わうよりも、オナニーを我慢することで得られるメリットはとても大きいものです。セックスへの影響だけでなく、日常生活にも大きなメリットがありますよ。

    頭がスッキリする


    「なんだか今日は頭がスッキリして仕事に集中できたな」という経験はありませんか?もしかするとそれは、前日にオナニーをしなかったことによるテストステロンの増加が関係しているかもしれません。

    オナニーは、自分が思っている以上に体力を使います。射精した後の賢者タイムで「動く気が起きない」「だるい」となってしまうのはそのせいです。

    テストステロンが増加すると「集中力が増す」「頭が冴える」などの効果が期待でき、男らしさが増すだけでなく仕事の効率化にもつながります。無駄な体力も消耗しないので、日頃からオナニーをしていた人はその効果をより実感できるでしょう。

    セックスの快感が増す


    男女ともに言えることですが、オナニーを我慢すると、陰部に刺激を受けることが一切なくなりますよね。そのため、快感への欲求がどんどんと高まり、セックスをした時の快感がこれまでよりグンと増加します。

    好きな人とのセックスにマンネリを感じている人や、セックスであまり気持ちよくなれないという人は、1度オナニーを我慢してみてください。本能的にお互いを求め合うような、熱いセックスを味わえることでしょう。

    時間を有効に使える


    オカズを準備をする時間や後片付けの時間など、オナニーをするにあたっては、かなりの時間が必要です。全てを終えるまでに30分、またはそれ以上かかるという人もいるでしょう。

    しかし、オナニーを我慢すれば、それらの時間を勉強に当てたり、睡眠時間に当てたりと時間を有効に使うことができます。30分は1日あたりで見ると短い時間ですが、毎日続けると1ヶ月で15時間、1年で見ると180時間と膨大です。

    時間を意識せずに生活していると気付きにくいものの、オナニーはかなりの時間を無駄にしていることにもなります。

    肌や髪がきれいになる


    肌や髪が汚くなる原因として皮脂の過剰分泌が挙げられますが、これはジヒトロステロンという男性ホルモンが引き起こしているものです。オナニーをしているから肌や髪が汚いとは必ずしも言えませんが、多少の影響はあるでしょう。

    オナニーを我慢することでジヒトロステロンが抑制され、テストステロンが増加するため、肌や髪がきれいになる効果が期待できます。日常的にオナニーをしている人なら、オナ禁をするだけでもニキビが減ったり、髪がベタつかなくなったりするといった変化を実感できるでしょう。