綿棒を使うアナルオナニーのやり方【完全版】快感を得るコツも伝授

綿棒でアナルオナニーする方法をご存知ですか?実は「綿棒アナニー」は、初心者でも簡単にトライできちゃうんです!今回は、そんな綿棒アナニーのやり方や注意点などを徹底紹介します。少しでもアナルオナニーに興味がある人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

  • 綿棒でアナルを刺激するオナニー方法がある!

    あなたはアナルオナニーを知っていますか?普段は触れることが少ないアナルですが、性感帯の一つなんです。そんなアナルを上手に刺激すると大きな快感を味わうことができます。

    今回は、ちょっと特殊なアナルオナニー、通称「アナニー」について徹底紹介してきます!慣れないうちは違和感があるかもしれませんが、自分の気持ちいいと感じるポイントを押さえることができれば、もうアナニー無しでは物足りなくなるかもしれません。

    「アナニー」というジャンル


    アナニーとは、アナル(お尻の穴)を刺激して行うオナニーのことを指します。普段行うペニスを刺激して行うオナニーとは違った快感を味わえるのが、アナニーの大きな特徴です。

    アナニーでは、アナルの中で一番気持ちいいスポットである「前立腺」を刺激します。前立腺を刺激する方が、普段行うオナニーよりも気持ちいいと感じる男性も少なくありません。

    アナルオナニーの道具としての綿棒


    初心者でも簡単に挑戦できるのが、綿棒を使ったアナニーです。綿棒は耳を清潔に掃除するための道具ですが、今回はアナニーをする道具として使用します。

    もともとアナルは排泄物を出すという機能を果たしているので、いきなり大きな物をアナルに挿入すると、違和感やアナルを傷つけるなどのリスクが生じてしまうんです。

    ですが、綿棒は先端が小さく、アナルに対しての負担を抑える事ができます。また、アナルは強い刺激を与えなくても十分に気持ちよくなれるので、綿棒アナニーは非常に理にかなったアナニーと言えるでしょう。

    ドライオーガズムを得られる


    アナニーでは射精をしないオーガズム「ドライオーガズム」が味わえるのも、魅力の1つです。ドライオーガズムに達するためには、アナニーを何度か行い、ある程度の経験を積む必要があります。

    他にも、「トコロテン」はドライオーガズムより更に気持ちいいと言う男性も多くいるんです。トコロテンとはアナル内を刺激することで、ペニスに触れないまま射精することを指します。

    このように、アナニーは様々な気持ちよさを感じられるオナニーと言えるでしょう。

    アナニー後の処分方法


    通常のオナニーよりもアナニーでは汚れる可能性があります。アナルに刺激を与えるわけですから、綿棒には多少でも排泄物がついてしまいますよね。

    なのでアナニーで使用した綿棒は、ビニール袋に入れて処分するなどの衛生管理が大切になってきます。その際、袋の中には排泄物が入っているので、放置せずになるべく早めに捨てるのがベストです。また、ローションを付けたアナルは、トイレットペーパーでしっかりと拭くなどの処理をしましょう。

    綺麗にローションをふき取りたい人は、アナニー後はシャワーを浴びるといいですね。アナルを清潔に保つようにして下さい。