元カノとセフレになる男性の本音|きっかけや女性心理など詳しく解説

元カノをセフレにする男性の心理や本音とは、一体どのようなものなのでしょうか?ここでは元カノをセフレにする方法やきっかけなどを紹介していきます。元カレをセフレにする女性の心理や、その後復縁したことのあるカップルのエピソードも一緒に見ていきましょう。

  • 元カノがセフレになるきっかけとは?

    なぜ別れたはずの元カノとセフレになることができるのでしょうか?別れたら連絡すら取らないという人も多いことと思います。

    まずは、元カノがセフレになるきっかけを紹介していきます。

    再会したとき


    元カノとたまたま再会したとき、昔のことを思い出して「またセックスしたい」と感じる男性は多いでしょう。

    たとえ喧嘩別れだったとしても、お互いに時間をおいて再会したらもうそれは昔の話。笑い話として普通に会話をすることも出来るでしょう。一度は好きになった相手なので、お互い成長した後にまた再会することで「やっぱりいいな」と感じることもありますよね。

    再会したことをきっかけに、元カノとセフレ関係になる男性は少なくありません。

    元カノに未練がある


    元カノに未練がある男性は、復縁できるチャンスがないか常に考えているはずです。たとえ付き合うことができなかったとしても、せめてセフレになりたいと思っている男性も多いでしょう。

    しかし未練があるからといってセフレになったところで、いつまでも次の恋に進むことができなくなってしまいます。元カノをセフレにしたいのであれば、恋愛感情や未練などは捨てたほうが良いでしょう。セフレはお互いに割り切った関係というのが前提なので、好きな気持ちがあるまま元カノをセフレにするのはやめましょう。

    ちょっとした好奇心で


    セフレという関係に憧れたり、別れた後の元カノのことがちょっと気になったりすることもありますよね。ちょっとした好奇心で元カノをセフレにしたいと思う男性もいるでしょう。

    今まで一緒にいたわけですから、別れたからと言ってすぐに忘れることはできないですよね。元カノのことを考えているうちに「ちょっと会ってみたいな」「セフレになってくれたらいいな」という気持ちが強くなるようです。

    連絡を取っていた流れで


    別れたあとも元カノの連絡先を消去できる男性は意外と少ないことを知っていますか?男性のほうが女性に未練があることが多いため、いつまでも取っておく人が多いようです。

    元カノの連絡先を知っていたら、たまに連絡を取りたいと思うときもありますよね。何となく近況報告をするために連絡を取っているとき、相手がフリーだとわかったら「もう一回彼女とやりたい」と思ってしまう男性は多いでしょう。