彼女の親に挨拶!成功させるためのマナーや話題「完全マニュアル」

お付き合いしている彼女と結婚を考えているのであれば、彼女の親に挨拶に行くのは避けて通れません。改まって挨拶に行くとなると不安は尽きませんよね。今回は、彼女の親に好印象を持ってもらい挨拶を成功させるための事前の準備や当日のマナーなどを詳しくご紹介します。

  • 彼女の親に挨拶すべきタイミングはいつ?

    お付き合いをしている彼女との結婚を本気で考えだしたら、彼女のご両親に挨拶に行くというビッグイベントが待っています。義理の親子として長い付き合いの続いていくお相手ですから、できる限り良い印象を持ってほしいですよね。

    ここからは、どのようなタイミングで挨拶に行けば、彼女のご両親に好印象を抱いて貰えるのかご紹介します。彼女と相談しながら、ベストな選択をしていきましょう!

    結婚を意識し始めたら


    たとえプロポーズをする前でも、「この子と結婚したいな」と感じる瞬間はありますよね。そんな気持ちになった時には、彼女のご両親に挨拶に行くベストなタイミングの一つです。

    「結婚を前提にお付き合いさせていただいています」と一言伝えるだけで、彼女のご両親はとても安心してくれますよ。また、彼女のご両親に自分と彼女のお付き合いを認めてもらうことで、自分の中での決意も固まりやすくなります。

    同棲を始める前


    結婚前に同棲するカップルも多いですよね。たとえ、彼女がすでに一人暮らしをしている場合でも、彼女のご両親への挨拶を忘れないようにしましょう。

    特に、ズルズルと同棲期間が長引いて、結婚にたどり着かないことを心配する親が多いです。たとえば、「1年間の同棲後に結婚する」というような明確な期限を決めて、彼女のご両親に伝えるようにしましょう。

    期限を明示すれば、彼女のご両親も安心して、同棲を見守ってくれることでしょう。

    プロポーズに成功したら


    プロポーズに成功した段階で、彼女の親に挨拶に行くのも一つの方法です。特に、スピード婚では出会いからプロポーズまでの期間がほんの数ヶ月ということもありますよね。

    結婚の決意が固まり次第、できるだけ早く彼女のご両親に挨拶に行くようにするといいですよ。最初は驚かれるかもしれませんが、真摯な態度で臨めば、きっと打ち解けられることでしょう。

    その際、結納や結婚式などの両家の関わるイベントに関する考えを彼女の親に伝えることで、あなたが彼女と誠実にお付き合いしていることをアピールすることもできます。

    お付き合いを始めたら


    結婚を前提にする覚悟があるのならば、お付き合いを始めた時点で、彼女の親に挨拶に行くのもオススメです。

    娘がどんな男性とお付き合いしているのか、たとえ言葉にしなくても心配している親はたくさんいます。彼女のことを本当に大切にしたいと考えているのであれば、お付き合いを始めた時点でで親に挨拶するというのは、最も誠実な対応の一つです。

    また、予め挨拶に行くことで、早い段階から自分の人となりを彼女の親に知ってもらうことができます。近年ではこのような早い段階で挨拶する男性は稀ですから、彼女の親からの信頼度も高くなるでしょう。