あなたの彼女は感じやすい?敏感な女性の特徴と感じやすい場所&体位

  • どう攻められるのが好き?感じやすい彼女の本音

    男性のみなさんは彼女がどうしてほしいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。ここでは、どういうふうに攻められたいのか?感じやすい女性の本音を見ていきましょう。参考にして、自分たちカップルのエッチにも役立ててみてくださいね。

    エッチな雰囲気が重要!


    「エッチのテクニックも大事かもしれないけど、二人になったとたんに襲い掛かっってくるような人はNG!女性は雰囲気を大事にしていることを知ってほしいですね。彼女をその気にさせる雰囲気作りは彼氏の仕事だと思うよ!」(27歳/女性/会社員)

    女性はいくつになっても、男性と違ってロマンティックな雰囲気を大切にします。そのため、自分の欲望を満たすためのセックスをする男性を、当然ながら嫌がる傾向にあります。感じやすい女性であっても、相手の気持ちを考えられる心の広さは必要です。

    ソフトタッチで焦らされると…


    「私は感じやすいだけにソフトタッチで焦らされると、それだけでイキそうになります。激しいのも悪くはないけど、焦らしはエッチにとって大切な要素だと思います。だって、私は感じやすいから少しでも長く快感を味わいたいと思うから…」(25歳/女性/営業職)

    感じやすい女性は、特にワンパターンのセックスでは満足することはできません。そこで、ソフトタッチの優しいエッチで、焦らしながら脳で感じさせるセックスにチャレンジしてみましょう。感じやすい女性は焦らしが加わることで、快感も積み上げられるので気持ちよさも倍増します。

    時には激しく!


    「彼は私が痛がらないように、セックスのときも優しくしてくれます。でも、時には激しいセックスで思いきり淫らな私を見せたい…でも、そんなことは彼には恥ずかしくて言えません。せっかくの感じやすいボディがもったいないなぁ…」(24歳/女性/医療事務)

    感じやすい女性は「時には激しく攻められたい…」という願望が、人一倍強いと思ってください。男性が優しさを出しているつもりでも、感じやすい彼女にとってはマンネリなセックスを繰り返している場合があります。女性の口からは言い出せないこともあるので、そのあたりは察してあげましょう。

    感じやすいところを繰り返し攻めてほしい


    「彼は大好きだし不満はあまりないけど、一つだけ挙げるとすればセックスが淡白なところです。やっぱり一回だけだと寂しい…できれば前戯で、もう少し感じやすいところを繰り返し攻めるとか、工夫をしてほしいですね。」(25歳/女性/介護職)

    感じやすい女性は、何回もイキたがる人が多いようです。最低でも「お口で一回」「指で一回」「合体して一回」は絶頂を迎えたいと思っています。難しいと感じる男性もいるかもしれませんが、「オナニーを彼女の代わりにしてあげる」という気持ちで臨んでみましょう。そう考えたら気持ちも楽になりますよ。