とにかく笑顔、清潔感…「取引先の会社の受付嬢に一目ぼれ。「興味を持ってもらえるアプローチ法」とは?」238人に聞いた男性の本音

とにかく笑顔、清潔感…など「取引先の会社の受付嬢に一目ぼれ。「興味を持ってもらえるアプローチ法」について紹介します。(2013年9月実施 10〜30代独身男性238名)

  • 取引先の会社の受付嬢に一目ぼれしました。どのようにアプローチしたら、興味を持ってもらえるでしょうか?

    毎日挨拶から初めて、段々と一言会話をしていく(20代男性)


    とにかく笑顔で、挨拶をきっちりする。こまめな訪問機会があるなら毎回欠かさず(20代男性)


    とりあえず話しかけてお友達になる 興味のあることを聞き出す(20代男性)


    会うたびに積極的に話しかけて、共通点を探る。(20代男性)


    仕事が出来ることをアピールする(20代男性)


    数回会った時にランチなどに誘う。趣味などを聞く。(20代男性)


    清潔感が大事。仕事が出来る男をさりげなくアピール。さわやかな挨拶。(20代男性)


    仕事の中で自分のことを少し話し、相手のことも聞き出す(20代男性)


    毎回行くときにきちんと挨拶して話してみたら?(20代男性)


    取引先の担当者の方に紹介してもらえば・・・(20代男性)


    取引先の人と仲良くなって受付嬢を誘い出してもらう。(20代男性)


    最初は、適度な頻度で取引先に来社し、挨拶をして、顔を覚えてもらい、次に笑顔で挨拶してもらえる雰囲気になったら、名前や勤務先などビジネスライクな自己紹介をして、1、2分の雑談が出来る程度になったら、時間を推し量って、ランチに誘ってみる、というのは如何でしょうか。最初の社外での会話は、ランチやお茶など、お酒の入らない席がいいと思います。(20代男性)


    「いつもご苦労さまです」から雑談を少しずつ取り入れて、親しくなってきたら、「いつも笑顔が素敵で御社に来て良かったと思う」とか混ぜる(20代男性)


    制服から私服に着替えた姿の時に、アプローチする。仕事ではない地のあなたに惹かれたと理解してもらう。(20代男性)


    頻繁に顔出し、顔を覚えてもらったら、少し会話をしていく、で、一時期行かない。で、久しぶりに行って、メールアドレスを聞く(20代男性)


    何度も話しかけてみて、自己紹介をしてみる(20代男性)


    いつもとびっきりの笑顔で話しかける。そして顔を名前を覚えてもらう。(20代男性)


    見つめる。何かしら理由を作る。まずは明るく挨拶を心がける(20代男性)


    仕事ができる、好青年の恰好をして、明るく優しく挨拶を丁寧にする(20代男性)


    しっかり目をみて誠実さをアピールしつつもぼけキャラを演じる。(20代男性)


    忘れ物をして受付に届いていないか確認する(20代男性)


    みなりをよくして、明るくふるまうことが重要(20代男性)


    とりあえず清潔なかっこうでキモがられないようにすること(20代男性)


    まずは爽やかな笑顔と挨拶で顔を覚えて貰うことから始める。(10代男性)


    挨拶はしっかりと、誰も見てないところでアプローチしたほうが後々気まずくならないだろうし向こうも慣れているだろうから直球でもいいと思う(20代男性)


    まずは名刺を置いてく・何回か顔を出す・困ったことを起こす(物をその社で無くすとか)(20代男性)


    受け答えなどで爽やかな感じを与え、去る時に「ありがとう」みたいな一言を笑顔で言って印象に残るようにする。(20代男性)


    気持ちの良い挨拶をして、世間話ができる関係に持って行く。普通の業務の範囲内でちょっと手間をかけさせたときにオーバーに感謝する。(20代男性)


    あいさつの後に、必ず世間話、自分のこと、受付嬢のことなど付け加える。(20代男性)


    訪問時に笑顔で挨拶を交わす、名前を覚えたら名前を呼んで少しずつ良い印象を持ってもらえるように接する、初めからプライベートな話題に踏み込まない(20代男性)