別れてくれない彼女への対処法【必見】しつこい彼女との別れ方とは?

  • 別れてくれない彼女に言ってはいけない言葉

    別れてくれない彼女に、期待を持たせるような言葉や優しい言葉は逆効果!余計に別れてくれない状況になりかねないため、ここで言ってはいけない言葉も把握しておきましょう。

    「別れてもいつでも会える」


    別れてもいつでも会えるという言葉には、「別れたところで会えなくなる訳じゃない」という意味が込められているのでしょう。

    別れてくれない彼女に同意して欲しくて、その場しのぎの言葉として使う男性もいます。しかし、別れたくない彼女にとってこの言葉は、「会いたくないとまでは思っていない」と言われているのと同じ。復縁の可能性を感じてしまう言葉なのです。

    別れたくない彼女に、可能性を感じさせるような言葉を言ってしまっては、余計に「別れたくない」思いを強めてしまいます。

    「友達に戻ろうよ」


    友達に戻ろうという言葉は、別れたくないと思う彼女にとって残酷な言葉であり、余計に別れたくないと感じさせてしまう言葉です。あなたにとってはきっと「人として良いところがあるから」程度の言葉でしょう。しかし彼女はまだあなたのことを“彼氏”と見ています。特別な恋愛感情がある人と今更友達に戻るなんてことは、考えられないのです。

    別れたら友達に戻ってしまう、という思いから、別れたくない意思を強めてしまうこともあります。優しさや気遣いが裏目に出てしまう言葉でしょう。

    「どうせ直してくれないでしょ?」


    彼女のある行動や発言が嫌で別れを決めた場合、別れてくれない彼女に対して「どうせ直してくれないでしょ?」という発言はしてはいけません。彼女は「直せば別れずに済む」「チャンスをくれるかもしれない」と思ってしまいます。

    あなたの中では、彼女を全面的に否定したつもりかもしれません。しかし、別れたくない彼女にとってのこの言葉は、可能性を感じてしまう言葉であり、またあなたからも期待されていると認識するでしょう。“タラレバ”と言われる「こうだったら…」「こうすれば…」といった、提案を含めた言葉は、彼女に期待を持たせるだけなのです。

    「もっとイイ人がいるよ」


    「自分なんかより、もっと大事にしてくれる人がいるよ」という意味でのこの言葉。これも言ってはいけない言葉です。

    「もっとイイ人がいるよ」は、確信が持てない言葉ですよね。その「もっとイイ人」がまだいない中でそう言われても、彼女は納得ができません。むしろ、「自分にとってイイ人はあなたなの!」と、思いを強めてしまうこともあります。

    誰にも分からない先の話をすることは、ポジティブな内容であっても、別れたくない彼女にとっては無意味です。自分にとっての「イイ人」は自分で決めることであり、それがあなたなのだと気づかせるきっかけにもなってしまいます。彼女は余計に別れたくないと感じてしまうでしょう。