「粗チン」の意味&基準とは?男女が抱える悩みと本音を徹底調査!

「粗チン」という言葉を知っていますか?多くの男性が粗チンのせいで悩んでいます。この記事では、粗チンの意味や定義といった基本的なことはもちろん、粗チン男性の悩みや女性側の悩みなどをご紹介します。粗チンの改善方法も解説しているので、粗チンに悩む人は必見です。

  • 「粗チン」の意味とは?

    男性の悩みとしてよく話題になるのが「粗チン」です。粗チンという言葉を聞いたことくらいはあると思いますが、意味を正確に知らない人も多いのではないでしょうか?

    そこで、粗チンという言葉の由来や意味などを詳しく解説します。

    「粗末なアソコ」の略


    粗チンというのは、「粗末なアソコ」の略です。粗末というのはつまり、小さい、短いということ。男性のアソコがとても小さい、または短い、もしくはその両方の特徴を持っている場合に「粗チン」と呼ばれます。

    ネガティブな言葉


    「粗チン」という言葉は、とてもネガティブなニュアンスをもった言葉です。男性のアソコは、大きければ大きいほど褒められたり、羨ましがられたりする傾向があります。その逆が粗チンです。

    褒められる部分がないような、小さくて短いアソコのことを粗チンと呼びます。決して褒め言葉ではなく、どちらかといえば悪口で、自虐として使われることも多い言葉です。

    「粗チン」の対義語


    粗チンとは小さなアソコのことですので、対義語は、大きなアソコを意味する「巨根」や「デカチン」が一般的です。

    男性のアソコは、仏教用語が由来の「マラ」という呼称もあるので、「デカマラ」と言われることもあります。