「対面上体立位」とは?早漏男性にオススメの体位とやり方を解説!

  • 早漏防止!「対面上体立位」以外の長持ち体位

    セックス中の早漏対策には、対面上体立位を取り入れることが効果的だとおわかりいただけたでしょうか。

    ところで、対面上体立位の他にも早漏男性が長持ちする体位はあるのか、気になりませんか?次に、対面上体立位以外の長持ち体位についても見ていきましょう。

    側位


    男女が横向きになって挿入する側位は、長持ち体位としておすすめです。ペニスを深く挿入しづらく、腰を激しく動かすこともしにくい体位なので、イキにくいのです。

    側位にはお互いが対面した上体で挿入する対面側位と、男性が女性の背面から挿入する背面側位がありますが、背面側位が特におすすめ。後ろから女性の胸を揉んだり、クリトリスを刺激したりすれば、女性側も満足感が得られます。

    また、正常位とは違う場所が刺激されるため、意外と女性ウケも良いのです。

    対面座位


    対面座位は、座っている男性の上に、向き合いながら女性が乗る体位です。お互いに激しく動きにくい体勢なので、長持ちします。

    動きづらいので刺激も半減しますが、その分見つめ合ったりキスをして愛を深められるのが利点です。挿入したまま動かず、抱き合ってキスを楽しむのが好きな女性は少なくありません。時間をかけて愛のあるセックスをしているというムードを作ることができるので、おすすめしたい体位です。

    伸長位


    正常位のような体勢で、女性が脚を伸ばした状態で挿入する伸長位。締め小股やしがらみなどと呼ばれる体位も伸長位の一種です。この体位も、挿入が浅くなるので長持ち体位と言えます。

    挿入が浅い反面、ペニスがクリトリスをこするので、クリ派の女性にはたまらない刺激となるのも魅力です。女性が気持ち良く、男性も長持ちできるのはお互いに嬉しいですよね。

    寝バック


    敷き小股とも呼ばれる寝バックは、うつ伏せの女性の上から男性が挿入する体位です。男性が動きやすい体位である反面、女性はうつ伏せ状態で動けないので、男性のペースで射精をコントロールしやすい体位となっています。

    また、女性が楽な体勢であり、Gスポットが刺激されやすい体位でもあるので、女性から好まれる傾向にあるようです。後ろから胸やクリトリスを刺激すれば、さらに興奮度が高まること間違いなし!

    抱え込み騎乗位


    仰向けに寝ている男性の上に、馬に乗るように女性がまたがる騎乗位は、女性が主導権を握っているので、早漏男性には耐えるのが厳しい体位でもあります。しかし、そんな中でも抱え込み騎乗位は長持ちしやすい体位です。

    この体位は、騎乗位の状態から女性が男性側に倒れる形になります。それだけで腰を動かしにくくなり、イキづらくなるのです。

    女性に動いてもらう必要があるため、男性から「キスして」などと誘って体位を変えさせるのがおすすめ。挿入した状態でしばらく抱き合ったり、たくさんキスをしてムードを作りましょう。