「対面上体立位」とは?早漏男性にオススメの体位とやり方を解説!

  • 対面上体立位のメリットとは?

    対面上体立位は、セックスの体位としてはあまり聞き馴染みが無いかもしれませんが、利点も多くあります。早漏に悩む男性にはもちろんのこと、女性側にも嬉しいメリットがあるのです。

    対面上体立位のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

    女性が快感を得やすい


    体面上体立位は、実は女性が快感を得やすい体位です。そそり立つペニスが体面上体立位で挿入されると、Aスポットと呼ばれる膀胱とポルチオの間の部分と、ポルチオが刺激されます。

    それに加え、男性が上体を後ろに反らせるとGスポットも刺激されるるので、体面上体立位は女性にとってはとても気持ちいい体位なのです。

    男性が長持ちする上に、女性も快感が得られるというのは嬉しいメリットですよね。

    早漏男性でも長持ちする


    前述したように、早漏男性でも長持ちするのが対面上体立位。男性が上体を起こした姿勢であることが長持ちするポイントです。

    男性は挿入時に前傾姿勢になると、体に力が入り、交感神経が働きます。そうすると射精がしやすくなってしまうのです。

    また、前かがみになるとペニスが膣内に深く入るので、刺激も強くなります。そうすると、イキやすくなってしまうので、早漏の場合は前傾姿勢にならない対面上体立位がおすすめなのです。

    女性の感じている姿がよく見える


    対面上体立位の男性側のメリットとして、女性の姿がよく見えるという点があります。上体が起きているために女性の体や表情がよく見えるので、エロさも抜群。

    女性が感じている姿を見るというのは、早漏の人にとっては大きな自信にもなります。セックスに対する精神的な不安から早漏になってしまう場合もあるので、対面上体立位によって女性を満足させられているという実感が沸き、自信が付けば、早漏改善にもつながるのです。

    高度なテクニックがいらない


    普段と違う体位をする場合、戸惑ってプレイが中断してしまったり、無理な体勢になって疲れてしまうこともあるでしょう。しかし対面上体立位は、正常位のように挿入してから姿勢を垂直にするだけなので、高度なテクニックがいりません。

    セックス中にすぐ実践でき、女性にも男性にも負担がかからないというのは魅力的ですよね。対面上体立位は正常位に近い体位のため、女性から見ても特に違和感は感じられません。この体位に変えたからといって、早漏を悟られることも無いでしょう。

    体位が変更しやすい


    セックス中に体位が変更しやすいというのも、対面上体立位のメリットのひとつ。

    対面上体立位は正常位に近い体位なので、垂直の姿勢でプレイを楽しみ、そろそろイキたいというタイミングで前傾姿勢になれば正常位となり、射精に至ることができます。

    また、対面上体立位は挿入したまま側位や騎乗位にも変更しやすく、さまざまな体位を楽しむことも可能です。タイミングに気を付けながら、長くプレイが続けられるでしょう。