「そつなくこなす人」は出世しにくい!?言葉の意味や特徴を徹底解説

「そつなくこなす人」という言い回しを、あなたはどんな人に向けて使っていますか?「そつなくこなす」は褒め言葉なのかそうではないのか、意味を正しく把握していないと使い方を間違えてしまいますし、自分は「そつなくこなす人」になるべきなのか、むしろ目指さないほうがいいのか、判断できません。そこで今回は、「そつなくこなす人」の正しい意味や特徴を徹底解説していきます!

  • 「そつなくこなす」は褒め言葉とは限らない?

    職場などで「あいつはどんな仕事でもそつなくこなすなあ」などと口にすることもあるでしょう。しかし、「そつなくこなす」というその言葉を、なんとなくのイメージで使っている人も多いのではないでしょうか。あなたは「そつなくこなす」をどのような場面で使っていますか?その言葉を褒め言葉だと思いますか?

    今回は、「そつなくこなす」について解説していきます。「そつなくこなす」とはどんな意味なのか、どんな人を「そつなくこなす人」と呼ぶのか、なんとなくのイメージではなく、正しい意味を理解した上で使えるようになりましょう。

    そして、「そつなくこなす人」が出世しにくいと言われているのはなぜかなど、「そつなくこなす人」の特徴を捉えながら解説していきます。