彼女が好きかわからない…彼氏の変化と気持ちを判断する方法とは?

あなたは彼女のことを「好き」と自信を持って言えますか?付き合っているとしても、「好きかわからない…」と思っていることもあるでしょう。彼女を好きかわからなくなった時は、自分と向き合うべき時です。交際を続けるか、それとも別れるか迷った時の対処法を見ていきます。

  • 彼女が好きかわからない…彼氏の変化と心理とは?

    「彼女のことが大好きだったはずなのに…」と、彼女への気持ちが分からなることもあるでしょう。「あんなに好きだったのに」「これは好きなのか?」と、自分の気持ちに疑問を持つようになったら、一度自分と向き合ってみるべき時です。

    今回は、「彼女が好きかわからない…」となっている時の彼氏の変化や気持ちを判断する方法、そしてそうなってしまった時の男性側の対処法もご紹介していきます!

    彼女が好きかわからなくなる男性は多い?


    「本当に彼女のことが好きなのか?」と、付き合っている中で疑問を持つ男性は意外と多いです。中には「好きなはず」とだましだまし、彼女と付き合い続けているという男性もいます。

    「彼女が好きかわからない…」となることは珍しいことでもなく、むしろ付き合っていく中でぶつかる一つの壁とも言えるでしょう。

    好きかわからなくなるのはホルモンのせい?


    誰かを好きになった時、脳内から恋愛ホルモンが分泌されると言われています。相手にドキドキしたり興奮したりするのは、この恋愛ホルモンが出ているからです。ただし恋愛ホルモンが分泌されるのは、3ヶ月~3年程度と言われており、次第に「好き」から起こるドキドキや興奮は、安心や安定に変わっていきます。

    好きかわからなくなる理由に、このようなホルモンが関係していることもあるのです。ドキドキや興奮を相手に求めることだけが「好き」ではありません。しかし、自覚しやすい「好き」のこの状態は落ち着いてくるため、「好きかわからない…」となってしまうのでしょう。

    好きかわからない時は一度立ち止まって判断する


    「彼女が好きかわからない…」となったら、そのままの状態にせず、一度立ち止まって自分の思いを検証してみることも大事です。「好きなはず」「好きに決まってる」と自分に言い聞かせて付き合うよりも、「やっぱり好きなんだ!」と自覚出来た方が、彼女とも上手く付き合っていけます。

    好きかわからない時は、様々な方法を用いて自分を試す時。自分と向き合って、また彼女のことを「好きだ」と思えたら、迷うことなく前に進みましょう。